2016年02月20日

枝豆の柚子胡椒チャーハン

ライスパワー初のオールインワン

ライスビギン


 夏には八百屋さんの点頭にいっぱい並び、キンキンに冷えたビールのおつまみには最高の野菜である枝豆も冷凍食品のおかげで年中美味しく頂けることが出来ます。とりわけ業務スーパーでは1パック(500gもあり)、百数十円で購入できますので、大量買いする際は非常にお得です。
 ここでは、八百屋さんで新鮮な枝豆を買い、茹でて、味付けをし、皮をむく手間を省いてそれをチャーハンの具材にしてみました。 コレです! ↓

IMG_0434.jpg


 その枝豆に柚の香りとピリっとした胡椒の味を付ける「柚子胡椒」もSBから販売されている「柚子こしょう」がありますので、今回はこれらをベースとしてチャーハンを作っていきます。
 最も具材にこだわる方は、八百屋さんで旬の枝豆を(最近はいろいろと種類があります)、茹で、味付けしてチャーハンを作るとより味が引き立つと思います。

 では、早速そのレシピへとまいります。

【材料】2人前

・業務スーパー等で買った枝豆(→無ければ八百屋さんで買った枝豆を茹でて、皮をむきます):50g
・SB(でなくても良いのですが)柚子胡椒:小さじ1、炒め油:小さじ1

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ3

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→コレを予め混ぜ込んでおく。

【作り方】

1.電子レンジで、むき枝豆を1分〜1分半程加熱しておく(500Wで1分半、700Wで1分くらいかな!? お好みで) ↓

IMG_0436.jpg


2.基本のチャーハンの作り方同様、(¥詳しくは、絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピを参照して下さい。)ボウルに玉子を割り、そこへ小さじ1の柚子胡椒を混ぜ込みませ、溶きます。 ↓

IMG_0437.jpg


 その中へ、温かいご飯、 ↓

IMG_0438.jpg


 かき混ぜて、玉子ご飯を作ります。 ↓

IMG_0439.jpg


3.充分に熱したフライパンに炒め油をなじませたら{3}の卵ご飯を投入! ↓

IMG_0440.jpg


 ターナーまたはお玉などで、ご飯を横に切るようにしながらほぐしてゆき、パラパラになったら、焦がさないように手早くチャーハンの素で味付けをし、具材を入れます。 ↓

IMG_0441.jpg


4.具材がチャーハンに混ざったら、刻みネギを入れます。 ↓

IMG_0442.jpg


5.10秒〜20秒位かけ、極みネギも混ざったら、火を止め、器に盛って完成です。 ↓

IMG_0443.jpg


【最後に一言】

 業務スーパーで長期保存の効く冷凍の「枝豆」(「塩ゆで枝豆」なんていうのもあります。)をまとめて買っておけばいつでもビールのおつまみには、困りません。特にここで紹介した「むき枝豆」はチャーハンの具材にするのにかなり料理の手間が省けます。
 しかし、枝豆と言っても1種類ではありません。夏場になると最近は八百屋さんの店頭に様々な種類の枝豆が並びます。特に黒枝豆の「紫頭巾」はコクがあってお勧めです。興味のある方は是非ともコレを買ってご賞味気下さい。





posted by うえっち at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

おかわり生ひじきチャーハン





 業務スーパーの瓶詰め「おかわり・・・シリーズ」の新しいものを購入しました。 ↓

IMG_0498.jpg


「おかわり生ひじき(しそ風味)」です。ご飯のお供に大活躍とあります。以前ここで書いたように温かいご飯にあうものはチャーハンにも合うはず。下準備も全く必要ありません。では、簡単すぎるのですが、そのレシピを書いていきます。

【材料】2人前

・おかわり生ひじき(しそ風味):大さじ3〜4杯

・温かいご飯:茶碗2杯分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3杯

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→予めよく混ぜ込んでおきます。

【作り方】

1.玉子2個をボウルに割って良くかき混ぜ、あたたいご飯をよく混ぜ込み玉子ご飯を作る。充分に熱したフライパンに炒め油を大さじ2入れて、玉子ご飯を炒めてパラパラのチャーハンを作ります。

 詳しくは、「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ」を参照。

2.ご飯がパラパラになり、チャーハンの素で味付けしたら、おかわり生ひじき(しそ風味)を加えます。 ↓

IMG_0499.jpg


3.具材をチャーハンに混ぜ合わせたら、刻みネギを入れ、 ↓

IMG_0500.jpg


4.素早く絡め、火を止めて器に盛って完成です。 ↓

IMG_0502.jpg


【最後に】

 業務スーパーは様々な料理に使いまわせる食材が格安で購入できます。kg単位で買うことができるのでついつい買いすぎると冷蔵庫がパンパンになってしまいますので、注意が必要です!
 また近所のスーパーや八百屋さんで野菜を買う際も同様です。一人暮らしや単身赴任のかたで料理をする回数が少ないのあれば、人参、じゃがいもはパックで買うほうが安いのですが、少々高くても1本、1個で購入したほうが食材を無駄にすることがないのでお勧めです。
posted by うえっち at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

辛子明太子と高菜漬けのチャーハン






 辛子明太子は温かいご飯の上にのってけ食べたら最高! ↓

IMG_0504.jpg


今回はコレをチャーハンに使いました。まあこれだけでも充分なのですが、業務スーパーで刻み高菜が安く売っていましたので(ご飯のおかずにも酒の肴にもなるので)購入しました。 ↓

IMG_0505.jpg


どこの中華料理屋さんのメニューにも大抵ある高菜を使った「高菜チャーハン」。この高菜に辛子明太子を加えたチャーハンを作ってみましたのでそのレシピをご紹介します。

【材料】2人前

・辛子明太子:1本、高菜:50g、白すりゴマ:適量

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3杯、炒め油:大さじ2

・(チャーハンの素)
 塩:1つまみ(辛子明太子と高菜漬けは塩分が多いので1つまみだけにしておきます)、胡椒:2振り、

 和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1

【作り方】

1.辛子明太子の薄皮をとってほぐしておきます。 ↓

IMG_0506.jpg


 高菜漬けはキッチンペーパーの上にのせ、ギュッと水気を絞っておく。 ↓

IMG_0507.jpg


2.フライパンを熱し、基本のチャーハンを作ります。詳しくは、「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ」を参照!

3.ご飯がパラパラになったらチャーハンの素で味付けをし、{1}で下準備しておいた具材の辛子明太子と刻み高菜を加えます。 ↓

IMG_0509.jpg


 ご飯に具材が絡み合ったら、刻みネギを加えます。 ↓

IMG_0510.jpg


4.最後にすりごま器で白ごまを振り、 ↓

IMG_0511.jpg


5.器に盛って、完成です。 ↓

IMG_0512.jpg


【ポイント】

刻みネギは炒めすぎると風味が損なわれますので、短時間で(10〜20秒位)

すりごまは火を止めてから入れましょう。




 


posted by うえっち at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

「身体の芯からポッポカ!」生姜チャーハン





 いや〜、毎日寒いですよね。こんな時期は身体の芯から温まるチャーハンを食べて温まりたいものです。
身体の芯から温まる食材といえば、「生姜(ショウガ)」。近所の八百屋さんかスーパーで生姜を買ってきて、皮むいて刻んで・・・なんて面倒くさいことはしなくてもこんな便利なものが売っていたのでコレを使ってチャーハンを作りました。 ↓

(桃屋のきざみしょうが)と、

IMG_0868.jpg


(紅生姜の千切り)です。

IMG_0869.jpg


 「桃屋のきざみしょうが」の瓶詰めは刻み手間が省けるだけでは無く、冷蔵庫で保存が出来、必要な時にいつでも手早く使えるというところがいいです。
 では、この2種類の生姜を使ったチャーハンのレシピをご紹介します。

【材料】2人前

・「桃屋の刻み生姜」:小さじ1、パックの紅生姜の千切り:半パック20g、スライス豚バラ肉:50g、
 しめじ:50g、塩コショウ:適量、炒め油:大さじ1

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

・(チャーハンの素)
 塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→コレを予めよく混ぜ込んでおく。

【作り方】

1.紅生姜はよく水気を切っておく。 ↓

IMG_0870.jpg


 スライス豚バラ肉は、一口大に切る。 ↓

IMG_0871.jpg


 そして、しめじも足付きを外して荒みじん切りにします。 ↓

IMG_0872.jpg


2.熱したフライパンに炒め油をなじませたら、豚バラ肉を炒めます。 ↓

IMG_0873.jpg


 お肉に火が8割くらい通ったら、しめじを加えて、塩胡椒、極み生姜で味付けをして、 ↓

IMG_0874.jpg


 具材をいったんお皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0875.jpg


3.玉子2個をボウルに割って良くかき混ぜ、あたたいご飯をよく混ぜ込み玉子ご飯を作る。充分に熱したフライパンに炒め油を大さじ2入れて、先ほどの玉子ご飯を炒めてパラパラのチャーハンを作ります。

 詳しくは、「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ」を参照。

 フライパンを揺すってご飯がパラパラになったら、中心から(鍋肌ではなく)チャーハンの素で味付けをします。 ↓

IMG_0876.jpg


4.先程いったん取り出しておいた具材を加え、チャーハンに混ぜ合わせます。 ↓

IMG_0877.jpg


5.刻みネギも加え、混ぜ込みます(この間約20秒位です。) ↓

IMG_0878.jpg


6.火を止めてから、紅生姜を投入し、チャーハン全体に絡まったら、 ↓

IMG_0879.jpg


7.器に盛って完成です。 ↓

IMG_0882.jpg


【作るときのポイント】

 ご飯がパラパラになってチャーハンの素で味付けをする際が一番重要です。フライパンが熱くなっているので投入したらすぐに混ぜ合わさないと焦げ付いてしまいます。

【最後に】

 最近は、予め足付きをとってバラしてある「バラしめじ」が売っています。コレを使えばもっと料理の手間が省けると思います。刻みネギも予めカットしてある「カットネギ」も売っていますのでこれも使えばネギを切る作業が省けます。

 
 


posted by うえっち at 00:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

松茸風チャーハン






 「香り松茸味しめじ」と言われるようにきのこの味はしめじ、香りはやっぱり松茸でしょう。
松茸って数十年前には近くの山で普通に採れてたって話をよく聞きますが、いつの間に日本では高級食材となり、国産は2.3本で数万円もするようになりました。
 神戸にあるプロの料理人が訪れる市場の八百屋さんを訪れても国産品は店頭には無く、もっぱら韓国産の松茸が数千円(1万円に近い値段に)。今では中国産だけにとどまらず、トルコ産やカナダ産までも店頭に並んでいます。それだって一盛り、数千円します。たかがきのこなのに、されど松茸か…?
 では、今高級食材になった松茸を使わずに、松茸と形と食感が似たきのこを代用してそれを「華中華」2巻第4話にある調理方法でチャーハンにすればいいんですよね!
 コレです。↓

IMG_0487.jpg


 そう、エリンギ。エリンギは1パック100円代で購入することができます。しかも年中どこのスーパーでも近所の八百屋さんでも手に入ります。今回このエリンギを使って「松茸チャーハン」では無く、「松茸風チャーハン」を作ってみました。では、レシピへ。材料と作り方をご紹介いたします。

【材料】2人前

・温かいご飯:茶碗2杯分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

・エリンギ:1パック、炒め油:大さじ1

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、永谷園松茸の素 お吸いもの1パック ↓

IMG_0492.jpg

 酒・醤油:各小さじ1→予めよく混ぜ込んでおく ↓

 ここでちょっと手間がいるのですが、「永谷園松茸の素 お吸いもの1パック」の乾燥ネギなどの具材を一度ザル等に出し、取り除きます。

【作り方】

1.エリンギを厚さ2ミリくらいに切って、↓

IMG_0488.jpg


 焼き網(オーブントースター)で軽く炙ります。(オーブントースターで2分程)。↓

IMG_0489.jpg


2.それを5ミリ角に切り、予め混ぜ込んでおいた「チャーハンの素」へ混ぜ込みます。

3.基本のチャーハンを作り、→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ」を参照。

4.「チャーハンの素」に和えておいた具材を加え、↓

IMG_0494.jpg


5.最後に、刻みネギえを入れ、↓

IMG_0495.jpg


6.軽く炒めて、 ↓

IMG_0496.jpg


 器に盛ったら、完成です。 ↓

IMG_0497.jpg


【ポイント】

チャーハンの素を調合する際、「永谷園松茸の素 お吸いもの」の具材は下にお皿をひいてから、アク取りのお玉や中華料理のジャーレン等にあけ、軽く揺すって松茸の調味料だけを取り除きます。面倒ですが、具材の乾燥ネギ等を丁寧に取り除いた後、再度残りの粉末だけをお皿に戻し、「松茸チャーハンの素」を作ることです。



posted by うえっち at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。