2016年03月03日

葉付き玉ねぎチャーハン





 神戸の繁華街である三宮や元町のレストランや料理屋さんの多くはとなり駅の阪急春日野道駅にある大安亭商店街で食材を調達するそうです。そのなかのひとつの八百屋さんは通常お目にかかれない目地らしい野菜を購入することができます。そこのお店にある「地場野菜のコーナー」で葉っぱのついた「葉付き玉ねぎ」と ↓

IMG_0686.jpg


苦くない、「こどもピーマン」を ↓

IMG_0687.jpg


購入しましたので、今回この食材を使ってチャーハンを作りましたので、そのレシピをご紹介します。


【材料】2人前

・葉付き玉ねぎ:1個、こどもピーマン:3個、豚バラスライス:100g

・粗挽き塩コショウ、ローストガーリック:適量、炒め油:大さじ1

.温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、炒め油:大さじ2

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、鶏ガラスープの素・酒・醤油:各小さじ1→予め混ぜ込んでおく

【作り方】(下準備)

1.葉付き玉ねぎは葉の部分を切り離す。(今回は刻みネギのかわりにこの玉ねぎの葉の部分を刻んで使います) ↓

IMG_0689.jpg


玉ねぎは、皮を剥き、 ↓

IMG_0691.jpg


荒みじん切りにします。 ↓

IMG_0694.jpg


2.玉ねぎの葉は刻みネギの代わりに使用します。輪切りにします。 ↓

IMG_0692.jpg


3.こどもピーマンは、種を取ってから、↓

IMG_0695.jpg


玉ねぎと同様に荒みじん切りにします。 ↓

IMG_0696.jpg


4.豚バラ肉は、食べやすい位の一口大に切ります。 ↓

IMG_0697.jpg


【作り方】(具材の調理)

1.熱したフライパンに油をよくなじませ、最初に豚バラ肉を炒めます。↓

IMG_0698.jpg


2.豚肉に火が通ってきたら、刻み玉ねぎを加えます。 ↓

IMG_0699.jpg


3.そして、こどもピーマンも加えて、 ↓

IMG_0700.jpg


4.刻んだ葉付き玉ねぎの葉を一番最後に投入。 ↓

IMG_0701.jpg


5.具材火が通ったら、 ↓

IMG_0703.jpg


粗挽き塩コショウとローストガーリックで味付けします。 ↓

IMG_0710.jpg


6.そしてそれを一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0704.jpg


【作り方】(チャーハンを作り具材を混ぜ合わせる)

1.ボウルに玉子を割って溶き、その中へ温かいご飯をませて「玉子ご飯」を作り、基本のパラパラのチャーハンをつくっていきます。(詳しくはこのページを参照して下さい)「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

2.チャーハンがパラパラになったら、チャーハンの素で味付けをし、具材を混ぜ込みます。 ↓

IMG_0705.jpg


3.具材が充分にチャーハンに絡まったら、 ↓

IMG_0706.jpg


4.火を止め、器に盛って完成です。 ↓

IMG_0707.jpg


【最後に】

 今回チャーハンに混ぜる具材の味付けを粗挽き塩コショウとローストガーリックにしましたので、チャーハンの素は「鶏ガラスープの素」を混ぜ込んで作りました。
 塩コショウの後に「ポン酢」で味付けしてみるのも良いと思います。あっさりとした味になりますので、その際のチャーハンの素は「和風ダシの素」のほうが合うと思います。
 
posted by うえっち at 06:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

ツナと山菜ミックスのチャーハン





 初春には、近所の八百屋さんの店頭にはこごみ、ふきのとう、タラの芽など様々な山菜が並びます。年中食べれるものではなく旬の野菜なので是非これをチャーハンに使って食べてみたいものです。しかし、これらの野菜は案外安くはないのです。プロの料理人が調達する神戸で有名な大安亭市場にある八百屋さんを訪れてみても決して高くはないのですが、これらを購入してその具材をチャーハンに使うのには少し抵抗があります。
 というわけで、業務スーパでこんなものを購入しました。旬の野菜にはかなわないとは思うけどこれなら年柄年中山菜のチャーハンが作れる。これで山菜ミックスチャーハンを作ってみました。 ↓

IMG_0720.jpg


では、そのレシピと作り方をご紹介します。

【材料】2人前

・山菜ミックス:100g、ツナ缶:1個(約80g)、塩胡椒・醤油:適量、胡麻油:大さじ1

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、極みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→これを予め混ぜ込んでおく

【作り方】(仕込み)

1.山菜ミックスの水気をザルで取って、 ↓

IMG_0723.jpg


調理しやすいように、器に取っておきます。 ↓

IMG_0724.jpg


ツナ缶も ↓

IMG_0722.jpg


ザルで油を切って、 ↓

IMG_0725.jpg


お皿に取り出しておく。 ↓

IMG_0726.jpg


【作り方】具材

1.熱したフライパンに胡麻油を加え、 ↓

IMG_0728.jpg


2.山菜ミックスを炒めます。 ↓

IMG_0729.jpg


3.具材に火がっ通ったら、ツナを加え、 ↓

IMG_0730.jpg


4.塩コショウ、醤油で味付けして、 ↓

IMG_0731.jpg


5.火が通ったら、火を止めて、 ↓

IMG_0732.jpg


6.具材を一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0733.jpg


【作り方】チャーハンに加える

1.ボウルに玉子を割って溶き、その中へ温かいご飯を入れ、よく混ぜ込んで卵ご飯を作ります。
 基本のチャーハンを作り、(詳しくはこのページを参照して下さい)「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ」を参照! 先程一旦お皿に取り出しておいた具材を加えます。 ↓

IMG_0734.jpg


2.具材がまんべんなくチャーハンに絡まったら、刻みネギを加え、 ↓

IMG_0735.jpg


手早く刻みネギをチャーハンに混ぜ合わせたら、 ↓

IMG_0736.jpg


3.器に盛って完成です。 ↓

IMG_0741.jpg


【最後に】
 畑の肉の「大豆の水煮」は常温で保存が効くため料理をする際何かと便利です。因みに、業務スーパーではこういった食材を信じられない程安く購入できます。(常備しておくと何かと重宝しますよ)
「畑の肉」のかわりに肉。を使うのも有り!です。(特に、牛肉がお勧めです)
posted by うえっち at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

水菜とカリカリ梅のチャーハン



 2007年の夏、セブンイレブンのレジ横に置いてあったフリーマガジンの「ビッグセブン」の「華中華」を読んでから、チャーハンにすっかり取り憑かれてしまい「華中華」以外のいろいろなチャーハンに関連する本を読みました。その中の一つが金山一彦さんが実業之日本社から出版している「金山一彦流 チャーハンの極意」。
 この本のチャーハンの素は大変参考になりました。市販のチャーハンの素を使わなくてもとりあえず家庭の調味料だけだなんとかなり、味付けがブレなくバシっと決まる。そのチャーハンの素に混ぜ込む「和風だしの素」を自分なりに「鶏ガラスープの素」、「コンソメスープの素」と食材に合わせ変えて、和・洋・中とここにご紹介いたしました。今回は「金山一彦流 チャーハンの極意」のレシピにある「水菜とカリカリ梅のチャーハン」を実際に作りましたのでそのレシピをご紹介いたします。

【材料】2人前

.水菜:2株→(1パックの中の2株ですよ!)、カリカリ梅:4個、

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ:2

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→これを予めませ込んでおく。

【作り方】

1.水菜の根元を切り落として、2〜3cmに切ります。 ↓

IMG_0670.jpg


切っておいた水菜は調理する際まごつかないようにお皿に取っておく。

2.カリカリ梅は、(八百屋さんでは売っていません。お菓子屋さんで購入できます。) ↓

IMG_0671.jpg


 種をとって、このように細かく刻んでおきます。 ↓

IMG_0672.jpg


3.フライパンを十分に熱し、炒め油をなじませたら、基本のチャーハンを作ります。詳しくは)「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ」を参照! 

4.チャーハンがパラパラになったら、水菜と ↓

IMG_0674.jpg


 カリカリ梅を先に加え、 ↓

IMG_0675.jpg


 軽く混ぜ合わして、さらに刻みネギを入れ、 ↓

IMG_0676.jpg


5.一番最後にチャーハンの素で味付けをします。 ↓

IMG_0677.jpg


6.火を止め、器に盛ったら完成です。 ↓

IMG_0678.jpg


【最後に】

 いつもは、最初にチャーハンに、チャーハンの素で味付けします。ところが、今回だけは、そのチャーハンの味付けを最後までとっていきます。それは、今回の具材である「水菜」って(字のごとく、水の菜っ葉)火には弱いのです。ほとんど生の状態でも良い位です。毎回刻みネギを混ぜる際は手早く(10秒〜20秒位)と書いていますが、今回の部材である水菜は特に短時間がポイントとなります。火をかけすぎると水菜のシャキシャキ感が失われてしまうので、要注意です!

 基本のチャーハンの作り方は、金山一彦さんのチャーハンの極意とは違い、これまでどおり頑なに「華中華」の5巻第4話で紹介されている、玉子を解いた中に温かいご飯を混ぜて作る方法を取りました。




posted by うえっち at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

大豆としめじのチャーハン



 今回は、(畑の肉といわれる大豆)→大豆の水煮としめじでチャーハンを作りました。
ネットで調べたところ、大豆に含まれるたんぱく質は、必須アミノ酸が豊富なためと、野菜や穀物よりも肉に近いたんぱく質なので「畑の肉」と呼ばれているそうです。
大豆をわざわざ煮込まなくても、スーパーで保存の効く「大豆の水煮」の真空パックが手軽に手に入るのでそれを購入して使います。毎回ここで書いてある具材、「一旦お皿に取り出しておいて」はそのまま今晩の献立としても活用できます。ではそのレシピをご紹介いたします。

【材料】2人前

.大豆の水煮:100g、しめじ:100g、塩胡椒・醤油:適量、炒め油:大さじ1

.温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→これを予め混ぜておく。

【作り方】

1.フライパンを温め、油をなじませたら、よく水気を切っておいた大豆の水煮を炒めます。 ↓

IMG_0837.jpg


そして足づきを取ってバラしたしめじを加えます。 ↓

IMG_0838.jpg


塩コショウ・醤油で味付けし、 ↓

IMG_0839.jpg


まんべんなく具材に火が通ったら、 ↓

IMG_0840.jpg


一旦具材をお皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0842.jpg


2.ボウルに玉子を割って溶き、その中へ温かいご飯を入れ、よく混ぜ込んで卵ご飯を作ります。
 基本のチャーハンを作り、(詳しくはこのページを参照して下さい)「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ」を参照! 先程一旦お皿に取り出しておいた具材を加えます。 ↓

IMG_0843.jpg


3.チャーハンに具材を絡ませたら、刻みネギを投入、 ↓

IMG_0844.jpg


4.刻みネギを加えてからは手早く、(この間10秒〜20秒ほど)炒め、チャーハンに絡まったら ↓

IMG_0845.jpg


5.火を止めて、器に盛って完成です。 ↓

IMG_0846.jpg


【最後に】

 このレシピ、非常に簡単です。文章で綴ると長くなりますが、まあスーパーで買ってきた常温で保存のきく大豆の水煮と、いつでも近所の八百屋さんやスーパーで安く購入出来るしめじをフライパンで炒めて基本のチャーハンに混ぜるだけです。具材はチャーハンに混ぜなくても、今晩の献立に困ったときには、温かいご飯に合う一品として、また酒のつまみにもなります。是非試してみてください。




posted by うえっち at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

なめこチャーハン





 味噌汁の具材として定番のなめこでチャーハンを作りました。最近では真空パックになっているものや缶詰に入っているものがあります。業務スーパーで缶詰のなめこが安く買えましたのでこれを使いました。 ↓

IMG_0644.jpg


 缶を切って中身を見てみるとこんな感じ ↓

IMG_0645.jpg


これ1缶で4人前は作れるかな?これ半分と刻みタマネギを使います。それでは早速そのチャーハンの作り方(レシピ)をご紹介します。

【材料】2人前

・なめこの缶詰:半分、刻みタマネギ:大さじ3〜4、粗挽き塩コショウ:少々、炒め油:大さじ1

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→あらかじめ混ぜ込んでおきます。

【作り方】(下準備)

1.なめこの缶詰はザルにとって軽く水洗いをしてヌメリを取っておく。 ↓

IMG_0646.jpg


 水気を切ったら調理しやすいように小皿へ移しておきます。 ↓

2.刻みタマネギは大体中ぐらいの大きさのタマネギを1/4位刻みますが、この作業が面倒なので、業務スーパーで冷凍のものを購入して使いました。 ↓

IMG_0647.jpg


 これも大体大さじ3〜4杯位を取り出して、小皿に移しておきます。 ↓

IMG_0649.jpg


【作り方】(炒める)

1.熱したフライパンに油を大さじ1入れたら、刻みたまねぎを炒めます。 ↓

IMG_0650.jpg


 たまねぎの色が変わったら、 ↓

IMG_0651.jpg


2.なめこを足して、粗挽き塩コショウで味付けし、 ↓

IMG_0652.jpg


 一旦取り出しておきます。 ↓

IMG_0653.jpg


3.ボウルに玉子を2個割って溶き、その中へ温かいご飯を混ぜて玉子ご飯を作って、基本のチャーハンを作ります。(詳しくは)「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ」を参照! 

4.ご飯がパラパラになったら、チャーハンの素で味付けをして、一旦取り出しておいた具材をチャーハンに混ぜます。 ↓

IMG_0654.jpg


5.最後に刻みネギを加えたら手早く混ぜ、 ↓

IMG_0655.jpg


IMG_0656.jpg


6.火を止めて、器に盛って完成です。 ↓

IMG_0657.jpg


【最後に一言】

和風のチャーハンです。粗挽き塩コショウで味付けすることによって味の弱いなめこの味が引き立ちます。一度試してみてください。
posted by うえっち at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。