2016年03月22日

大人の味!ケール炒飯





 これ、ケールです。 ↓

IMG_0885.jpg


ケールって青汁に入っている野菜で何か苦いイメージがするのですが、神戸にある老舗の八百屋さんの「地場野菜のコーナー」でケールを手にとったところこれが貼ってありました。 ↓

IMG_0886.jpg


「キャベツがわりに・・・炒め物などにも!」じゃあこれはチャーハンにも使えるのではないかと思い、買って今回はケールチャーハンを作りました。そのレシピをご紹介します。

【材料】2人前

.ケール:1パック、豚バラスライス肉:50g、胡麻油:大さじ1、刻みニンニク・刻みしょうが:各小さじ1
 塩胡椒:適量

・温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、胡麻油:大さじ2

・(チャーハンの素)
 塩:2つまみ、胡椒:2振り、鶏ガラスープの素・酒・醤油:各小さじ1→予め混ぜ込んでおく

【作り方】

1.ケールを刻みます。 ↓

IMG_0887.jpg


 
ケールの芯も捨てずに ↓


IMG_0888.jpg


細かく刻んで使います。 ↓


IMG_0889.jpg


葉に混ぜまず。 ↓


IMG_0891.jpg


2.豚バラのスライスも一口大に切っておきます。 ↓

IMG_0890.jpg


3.熱したフライパンを中火にして、刻みにんにくと刻みしょうがを炒めます。 ↓

IMG_0894.jpg


4.そして豚肉を投入して炒めます。 ↓

IMG_0895.jpg


5.豚肉に火が8割くらい通ったら、ケールを加えます。 ↓

IMG_0896.jpg


6.塩胡椒で味付けし、ケールをさっと炒めたら、一旦お皿に取り出しておきます。 ↓
(あまり火が通りすぎると固く、小さくなってしまいますので早めに)
 
IMG_0897.jpg


7.ボウルに玉子を割り、溶いてその中へ温かいご飯を入れてよく混ぜ込み玉子ご飯を作る。

8.充分にに熱したフライパンに油をなじませたら、玉子ご飯を入れて炒め基本のおパラパラのチャーハンを作ります。詳しくはこのページを参照して下さい。→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

9.チャーハンの素で味付けをしたら、先程一旦取り出しておいた具材をチャーハンに加え混ぜ込みます。 ↓

IMG_0898.jpg


10.最後に刻みネギを加え、手早くチャーハンに混ぜ込みます。 ↓

IMG_0899.jpg


 火を止めて、器に盛ったら完成です。 ↓

IMG_0902.jpg


【最後に】

 今回のケールチャーハンの具材、めっちゃくちゃお酒の肴になります。作って職場のS氏に試食していただいたところ、「美味い!この苦味がたまらん!」とのコメントをいただきました。
 キャベツでは甘味が出ますが、ケールを使う事によって独特の苦味が大人の味を醸し出すチャーハンになりました。是非試してみてください。




 


posted by うえっち at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

さばカレーチャーハン





 今回のチャーハンは、さばの水煮の缶詰を ↓

IMG_0855.jpg


基本のパラパラのチャーハンに混ぜるだけのものすごく簡単なものです。このチャーハンの作り方をを一言で言うと、パラパラの基本のチャーハンを作って、チャーハンの素で味付けし、汁をよく切った缶詰の具材を混ぜ合わせ、カレー粉で風味を付けた後、一番最後に刻みネギを軽く混ぜ合わせたら終わりです。余りにも簡単で時間のないときなどには特にお勧めのレシピです。
 これでこのレシピの説明は終わり。まあせっかく画像があるので順を追いながらチャーハンの作り方をご説明していきます。

【材料】2人前

・さばの水煮缶:1個、カレー粉:大さじ1

・温かいご飯:茶碗2杯分、刻みネギ:大さじ3

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→これを予め混ぜ合わせておく

【作り方】

1.ボウルに玉子を割り、溶いてその中へ温かいご飯を入れてよく混ぜ込み玉子ご飯を作る。

2.充分にに熱したフライパンに油をなじませたら「1」の玉子ご飯を入れて炒め基本のおパラパラのチャーハンを作ります。詳しくはこのページを参照して下さい。→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

3.チャーハンの素で味付けをしたら、汁を切っておいたさばの水煮の缶詰を加えます。 ↓

IMG_0858.jpg


4.具材をパラパラになったチャーハンに絡めたら、カレー粉で味付けをします。 ↓

IMG_0859.jpg


5.フライパンを前後に揺すりながらカレーの味付けができたら、最後に刻みネギを入れてさっと混ぜ合わせます。(この間10秒から20秒位) ↓

IMG_0860.jpg


6.刻みネギが焦げ付かないように気をつけながらチャーハンに混ぜ合わせ、
 火を止めて、器に盛って完成です。 ↓

IMG_0862.jpg


【最後に】

 以前住んでいた近所のスーパーでは予めカレー味がついている、この「信田缶詰 サバカレー」 ↓

saba-curry.jpg
が売っていました。優れモノです!そのまま食べても充分にいけますが、器に移して電子レンジでラップをかけて温めたらそれだけで温かいご飯にの最高のおかずになりました。今住んでいるところでは見かけないので、どこでも手に入る缶詰の「さばの水煮」を購入して、「華中華」1巻第5話にある「シンちゃん秘伝のカレー粉」を使ってカレー味にして、さばカレーチャーハンを作りました。
 さばの水煮の缶詰をそのまま基本のパラパラのチャーハンに加えるだけで、「さばの水煮チャーハン」のレシピが出来上がります。
 しかし以前に華中華の「シンちゃん秘伝のカレー粉」 ↓

DSC_0915.jpg


を実際に作ったので、そのオリジナルのカレー粉で味付けしたらめちゃくちゃカレーの風味が漂った美味しいチャーハンが完成しました。
 缶詰には元々味付けがされてあるので、面倒な方は、市販のカレー粉でもいいと思います。しかし一度「華中華」の「シンちゃん秘伝のカレー粉」を作ればチャーハンだけではなく色々と使い回しが聞きますのでお勧めです。作った料理からカレーの風味が尋常ではないくらい香ってきます。「華中華」を読めばその「シンちゃんシンちゃん秘伝のカレー粉」の作り方が載っていますが、カレーの調合は非常に奥深いです。市販のカレー粉を最低3種類混ぜ合わせて作るのですが、もしリクエストがあれば画像を加えながら私が選んだカレー粉を使って作った「シンちゃん秘伝のカレー粉」をご紹介しますね。

 
posted by うえっち at 07:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

オムチャーハン





 今からもう9年も前になるのですが、2007年の夏にセブンイレブンのレジ横にあったフリーペーパーの「ビッグセブン」に掲載されていた漫画の「華中華」を読んでいたらやたらとチャーハンを自分で作ってみたい衝動にかられ、コツコツと作っていき、気が付けば今日で230種類のチャーハンのレシピとなっていました。
 ただ作り始めた当初は、ブログで作り方をを公開することなど頭の中には全くなく、そのレシピは何度でも作れるようにノートに書いてあったのですが、写真は取っていませんでした。このブログを見て同じように作っていただける方にわかり易いように画像を撮って一度作ったチャーハンも再度作る工程の中、画像を撮りブログにアップするようにしました。
 「華中華」を読んでから、実際に自分でチャーハンを作って食べ、また新たな種類を作り、もっと詳しくチャーハンの味付けや作り方を知りたくなって「華中華」のコミックを全巻購入し、そこに掲載されているレシピを実際に作ってみてそれを自分なりにアレンジしてみたりしました。
 その他にインターネットでチャーハンの作り方を検索し、またチャーハンの文献を沢山読み、そのレシピも作り、自分好みの味付けや作り方にしてみました。

 基本、自分が作って自分で食べて美味しかったらそれで良いと思います。(または自分の他に自分の家族に作って家族が満足できる味ならばそれが家庭の味となるのではと思います。)、が、しかしテレビや雑誌で紹介されている美味しい料理は、万人とはいわなくても(味付けには個人の舌や好みによって大きく左右されるので)多くの人が絶賛されています。特にマスコミで紹介されていない口コミの知り合いから教えてもらった「あの店のあのメニュー(料理)は、ものすごく美味い!」とか、「あそこのアレはいける!」などは実に参考になります。プロの料理人が編み出した作り方、レシピはほぼ教えれもらえないでしょうが、自分で実際にお店に足を運び、お金を出して、じっくりとその料理を味わって、それが自分の舌に合うのであれば是非とも研究してみる価値はありです。
 もし可能であれば混雑しているお昼どきの時間帯を極力避け、空いている時間帯を狙って店員さんに美味しかった旨を伝えて、料理人に使っている食材や隠し味をさりげなく聞いてみるのも良いでしょう。ひょっとしてその秘密のレシピが聞き出せるかもしれません。そのあとは、自分でウチで実際に実行するのみです。

 かなり前置きが長くなってしまいましたが、今回で100記事めとなるチャーハンのレシピは、私が好きなチャーハンのベスト3に入る「オムチャーハン」をご紹介します。「華中華」1巻第6話にある「姉ちゃんのオムチャーハン」の作り方は、このブログで紹介している「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ」の基本のチャーハンを作る際初めに仕込んでおく玉子を割って溶いてその中に温かいご飯をよく混ぜ込んでおいて玉子ご飯を作ってそれをオムレツを作る要領でオムチャーハンを作っていますが、私が今回作ったレシピは少しばかり違います。それは、神戸の高架下にあるとあるお店でオムレツ専用のフライパンを買ったので、そのフライパンを使いオムチャーハンを作りました。 ↓

IMG_0383.jpg


 このオムレツ専用のフライパンはオムレツを簡単に作れるだけではなく、オムライス、今回ご紹介するオムチャーハン、工夫すればもっと様々な料理に活用することが出来ます。今ではこのフライパンはモトコー(神戸元町高架下商店街)で見かけなくなりましたが、ネットで検索すると必ず見つかるはずです。興味のある方は一度ググってみると良いでしょう。では、オムチャーハンのレシピへとまいります。

【材料】2人前

・合い挽きミンチ(豚ミンチでも牛ミンチでも可):50g、ミックスベジタブル:50g、炒め油:大さじ1

・オムレツ用玉子:2個(このフライパンを使えば1人前玉子1個で作れます)、牛乳:50cc

(甘酢あんの材料)

・鶏ガラスープ:1カップ、(水200ccに鶏ガラスープの素を1)、
 砂糖:大さじ1、醤油・酢:適量、片栗粉:中さじ1

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和夫だしの素・酒・醤油:各小さじ1→予め混ぜ込んでおく
【作り方】(チャーハンの具材を作る)

1.熱したフライパンに油をなじませたら、ミンチを炒めます。 ↓

IMG_0376.jpg


2.ミンチに火が通ったら、ミックスベジタブルを加える。 ↓

IMG_0377.jpg


3.具材は、一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0379.jpg


【作り方】(基本のチャーハンを作る)

1.玉子を割って溶いてその中に温かいご飯をよく混ぜ込んでおいて玉子ご飯を作って基本のチャーハンを作ります。詳しくはこのページを参照して下さい。→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

2.チャーハンがパラパラになったらチャーハンの素で味付けをして、一旦取り出しておいた具材を加える ↓

IMG_0380.jpg


3.具材がチャーハンに混ざったら、最後に刻みネギを加えて手早く絡めます。 ↓

IMG_0381.jpg


4.そしてこの出来上がったチャーハンも一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0382.jpg


【作り方】(甘酢あんを作る)

1.水1カップ(200cc)に鶏ガラスープを小さじ1加え沸騰させる。

2.砂糖・醤油・酢で味付けし、水溶き片栗粉を3回に分けて加えながら甘酢あんを作る。 ↓

IMG_0392.jpg


【作り方】(オムチャーハン)

1.ボウルに玉子を割って、 ↓

IMG_0384.jpg


2.良くかき混ぜ、 ↓

IMG_0385.jpg


3.牛乳を加えて、さらにかき混ぜてオムチャーハンの玉子の準備が完了です。 ↓

IMG_0386.jpg


4.オムレツ専用を中火にしたフライパンに油をなじませ、 ↓

IMG_0383.jpg


5.先程溶き玉子に牛乳を混ぜておいた、玉子を加える ↓

IMG_0387.jpg

 
6.薄焼き玉子がなんとなく出来上がってきたら、先程一旦取り出しておいたチャーハンをフライパンの窪みに入れます。 ↓

IMG_0388.jpg


7.お箸で丁寧に4隅の玉子を巻いていき、 ↓

IMG_0389.jpg 


8.器をフライパンにくっつけて、裏返し、オムチャーハンを盛ります。 ↓

IMG_0391.jpg


9.最後に甘酢あんを上からたっぷりとかけて完成となります。↓

IMG_0393.jpg


【最後に一言】

 基本のチャーハン、甘酢あんの作成、オムチャーハン用の玉子、それらを一旦お皿に取り出しておく、そしてそれらを混ぜ合わせる!
一見ものすごく面倒なチャーハンのレシピですが、このブログの最初に書いたように実はそんなに複雑ではないんです。
 2つもしくは3つの工程を組み合わせているだけなんです。4つ以上ははありません!
2つと3つのコンビネーションで今回のオムチャーハンは完成します。是非お試しください。
 
 「華中華」の華ちゃんが作ったオムチャーハンはまた次回以降に作ってアップします。
posted by うえっち at 08:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

スティックセニョール炒飯





 最近は、スーパーや大きめの八百屋さんでわりとこの野菜も出回るようになりました。「スティックセニョール」です。 ↓

IMG_0814.jpg


 袋から取り出してみるとこんな形。 ↓

IMG_0815.jpg


 前回チャーハンに使った野菜の「はなっこりー」(昨年の2月24日のブログを参照下さい。)にどこか似ていますが違う野菜です。「はなっこりー」は、ブロッコリーと中国野菜の「サイシン」を掛け合わせた野菜なのですが、この「スティックセニョール」は、ブロッコリーと芥藍菜(カイランサイ)→(今年の2月24日に書いたブログで使用した野菜です。)を掛け合わせた野菜なので、形は似ていますが、まあ、微妙に違います。っというわけで今回スティックセニョールを使ったチャーハンの作り方(レシピ)を早速ご紹介していきます。

【材料】2人前

・スティックセニョール:2株、こどもピーマン(無ければパプリカでも赤ピーマンでも良い)2〜3個、豚バラスライス肉:100g、塩胡椒・醤油:適量

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、鶏ガラスープの素・酒・醤油:各小さじ1→これを予め混ぜ込んでおく。

【作り方】仕込み

1.スティックセニョールは約2cmくらいに切っておく。 ↓

IMG_0816.jpg


2.こどもピーマンは半分に切って、 ↓

IMG_0818.jpg


種を取り、 ↓

IMG_0819.jpg


1cm各くらいに刻みます。 ↓

IMG_0820.jpg


手早く具材を調理できるように、このようにお皿に取っておきます。 ↓

IMG_0821.jpg


3.豚バラスライスの肉も食べやすいように一口大に切ります。 ↓

IMG_0822.jpg


【作り方】具材の調理

1.熱したフライパンに油をなじませたら、豚肉を炒めます。 ↓

IMG_0823.jpg


2.豚肉に七割くらい火が通ってきたら、先程刻んでおいたスティックセニョールを加えます。 ↓

IMG_0824.jpg


3.そして、こどもピーマンも加えます。 ↓

IMG_0825.jpg


4.塩コショウ振って、具材に味付けします。 ↓

IMG_0826.jpg


 それから醤油で味付け、(焦げ付かないように注意してください) ↓

IMG_0827.jpg


5.炒めた具材は、一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0828.jpg


【チャーハンの作り方】具材をパラパラのチャーハンに混ぜる

1.ボウルに玉子を割って溶き、その中へ温かいご飯をませて「玉子ご飯」を作り、基本のパラパラのチャーハンをつくっていきます。(詳しくはこのページを参照して下さい)「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ」 ↓

IMG_0830.jpg


2.チャーハンがパラパラになったら、チャーハンの素で味付けをし、先程一旦お皿に取り出しておいた具材をチャーハンに加えます。 ↓

IMG_0831.jpg


3.具材は既に調理してありますので、炒めるというより、チャーハンに絡める感じで混ぜ込んでいきましょう。そして、刻みネギ。ネギを炒めるのではなく、あくまでもチャーハンに混ぜ合わせるだけの感じで充分に火が通ります。 ↓

IMG_0832.jpg


4.火を止め、器に盛ったら完成です。 ↓

IMG_0833.jpg


拡大した写真です。 ↓

IMG_0834.jpg


【最後に一言】

 今回使用したスティックセニョールも前回のはなっこりーも掛け合わせの珍しい野菜です。これらの名前を初めて聞く方も多いのではないでしょうか。2つとも違う野菜ですが、まあ私なりにざっと言ってしまえば、アスパラガスの上にブロッコリーの頭が乗っかっている印象です。茎の部分も食べれますし、チャーハンに限らずいろいろな料理に活用できる野菜だと思います。一度お試しください。
posted by うえっち at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

菊芋(キクイモ)チャーハン





 この生姜のような形をしている野菜、 ↓

IMG_0785.jpg


実は生姜ではなく、菊科の植物で菊に似た黄色い花を咲かせ、芋状の根を付ける「菊芋(キクイモ)」なのです。普段八百屋さんやスーパーでは見かけることの無い野菜ですが、これも前回に書いた神戸に大安亭市場の八百屋さんの一角にある「地場野菜のコーナー」で見つけたものです。今回はこの菊芋(キクイモ)と前回の余った「こどもピーマン」を使ってチャーハンを作りましたので、そのレシピをご紹介いたします。

【材料】2人前

.菊芋(キクイモ):約50g位、こどもピーマン:2〜3個、豚ミンチ:50g、

・炒め油:大さじ:1、塩胡椒、醤油:適量

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、鶏ガラスープの素・酒・醤油:各小さじ1→これを予め混ぜ込んでおく

もしくは、味覇(ウェイパー)を小さじ2 ↓

IMG_0804.jpg


【作り方】仕込み

1.菊芋(キクイモ)は、バラして、 ↓

IMG_0786.jpg


皮を剥き、 ↓

IMG_0787.jpg


スライス状に切っておいて ↓

IMG_0788.jpg


軽く洗って、ザルで水気を取ります。 ↓

IMG_0793.jpg


2.こどもピーマンは、 ↓

IMG_0790.jpg


半分に切って、種を取り、細かく刻んでおきます。 ↓

【作り方】具材の調理

1.熱したフライパンに油をなじませたら、まず豚ミンチを炒めます。 ↓

IMG_0795.jpg


2.豚ミンチに火が通ったら、スライス状に切っておいた菊芋(キクイモ)を加えて炒めていきいます。 ↓

IMG_0796.jpg


3.それから、彩をよくするようにこどもピーマンも加えて炒めます。 ↓

IMG_0797.jpg


4.塩コショウ、醤油で味付けし、 ↓

IMG_0798.jpg


5.例のごとく、一旦具材をお皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0799.jpg


【作り方】(パラパラのチャーハンをつくってに具材を混ぜます。)

1.ボウルに玉子を割って溶き、その中へ温かいご飯をませて「玉子ご飯」を作り、基本のパラパラのチャーハンをつくっていきます。(詳しくはこのページを参照して下さい)「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

2.基本のパラパラのチャーハンを作ったら、チャーハンの素または、味覇(ウェイパー)で味付けをし、先程一旦お皿に取り出しておいた具材を混ぜます。 ↓

IMG_0800.jpg


3.具材がチャーハンにまんべんなく混ぜ合わさったら、最後に刻みネギを加えます。 ↓

IMG_0801.jpg


4.ここからは、炒めるというよりも刻みネギをしんなりさせない程度に手早くチャーハンに絡めたら、火を止めます。 ↓

IMG_0802.jpg


5.器に盛り付けたら完成です。 ↓

IMG_0803.jpg


【最後に】

菊芋(キクイモ)は、メークインや男爵芋などの一般に出回っているじゃがいもよりも淡白な味な為、基本のパラパラのチャーハンの味付けをする際今回は味覇(ウェイパー)で味付けしました。ここでご紹介しているチャーハンの素もあっさり系の和風だしの素よりも鶏ガラスープの素を混ぜたほうがよりコクが出て、合うと思います。まあ、いろいろと試してみて、自分好みの味付けに調整して見てください。

 因みに、菊芋(キクイモ)って、糖尿病などの生活習慣病や認知症などの予防と改善に役立つ野菜だということです。
posted by うえっち at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。