2016年04月06日

人参しりしりチャーハン





 沖縄の家庭料理の「人参しりしり」。作り方はその家庭によって様々ですが、大体の作り方としては人参を千切りにしてツナ缶と一緒に炒め、調味料で味付けして玉子でとじる。っていう感じですかねぇ。体に良い人参がたくさん食べられるところが魅力です。
 私がこの「人参しりしり」を知ったのは、職場のT氏がマンガの「天体戦士サンレッド」を紹介してくれて読み始めたところからです。マンガの中で「ヴァンプ将軍のさっと1品」のコーナーがあり、簡単で手軽に作れる料理が紹介されています。その「天体戦士サンレッド」の第8巻「さっと1品、そのC」で人参しりしりが取り上げられていました。最初はその通りに作り、その後時分なりに調味料を考え、チャーハンの素で味付けするレシピに至りました。
 というわけで、今回はこの「人参しりしり」をチャーハンの具材として使いました。多めに作って、余った分を冷蔵庫で保存していけば数日は持つので、翌日の献立に困ったときの一品になりますよ。
 それではこのとっても簡単な「人参しりしりチャーハン」のレシピをご紹介いたします。

【材料】2人前

.人参:1本、ツナ缶:小1缶、玉子:1個

・和風だしの素:小さじ1、塩胡椒:少々、醤油:少々

(または、和風ダシのもとでチャーハンの素を作っておいてそれを味付けに使います。)

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→予め混ぜ込んでおく

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3

【作り方】(人参しりしり)

IMG_0991.jpg


1.人参の頭とおしりの部分を取って、ピーラーで人参の皮を剥きます。
 (野菜の皮の部分には栄養分が豊富に含まれているので気にならない方は皮をむかずに使ってください)

2.包丁で人参を千切りにします。でも、その作業に時間を取られるのが面倒な方は100均で千切り用のスラーサーが売っていますので、これを活用すると時間の短縮になります。 ↓

IMG_0989.jpg


 お皿の上で、人参のお尻をしりしりしながら千切りにします。 ↓

IMG_0992.jpg


3.熱したフライパンに油はひかずに、ツナ缶を開けてそのまま油ごと投入し、炒めていきます。 ↓

IMG_0993.jpg


4.そして人参を入れ炒めます。 ↓

IMG_0994.jpg


5.人参に火が入り始めたら、和風だしの素と、塩胡椒で味付けをして、 ↓

IMG_0995.jpg


6.醤油を具材に満遍なく垂らし、 ↓

IMG_0996.jpg


7.ボウルに玉子を割って手早く溶き、 ↓

IMG_0997.jpg


具材にかけてとじます。 ↓

IMG_0998.jpg


それを一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_1001.jpg


【作り方】(基本のチャーハン)

1.玉子2個をボウルに割って溶き、その中へ温かいご飯を入れて卵ご飯を作ります。

2.フライパンを充分に熱し、炒め油をなじませたら玉子ご飯を投入して炒めます。

3.2〜3分程炒め、フライパンを時々前後に揺すりながらパラパラになるまで炒めます。

4.パラパラになったら、チャーハンの素で味付けをします。
 詳しくはこのページを参照して下さい。→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

【作り方】(パラパラのチャーハンに具材を絡める)

1.チャーハンがパラパラになったら、一旦取り出しておいた「人参しりしり」の具材を加えます。 ↓

IMG_1002.jpg


2.ここからは、炒めるというより、具材を満遍なくチャーハンに絡めるかんじで混ぜ合わせていきます。

 一番最後に刻みネギを入れ、手早く炒めます。(この間10〜20秒以内で!) ↓

IMG_1003.jpg


3.器に盛って、完成です。 ↓

IMG_1005.jpg


 もうちょっとアップした画像がコレ! ↓

IMG_1004.jpg


【最後に】

 今回のチャーハンの具材に使った「人参しりしり」をネットでその作り方を調べてみると実に様々。
 私はチャーハンの素(塩・胡椒・和風だしの素・酒・醤油)で味付けしましたが、そのほかにもめんつゆや砂糖などを使ったレシピがあり、大変興味深いです。調味料を変えると味が変化します。色々と試して是非自分好みの味を見つけて下さい。

 
posted by うえっち at 10:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

タコとキャベツのガーリック炒飯





 タコの足を近所のスーパーで買いました。 ↓

IMG_0972.jpg


 蛸(タコ)といえば明石!でもこれは国産(明石産)ではなく、舶来物。モーリタニア産です。
モーリタニアって西アフリカにある国。随分遠いところから来ているんだなぁ。そのモーリタニアではタコは食べないそうです。そのため採ったタコが輸出品となってモーリタニアの外貨獲得に大きく貢献しているそうな。だから明石さんよりも格安で購入できるのだと。
 まあ、わかる人が見れば国産(明石産)と輸入もののタコの大きな違いから微妙なところまであると思うのですが、スーパーで安く手に入るし、今回このタコとキャベツを使って具材を作り、チャーハンに混ぜました。
 このチャーハンの作り方はとっても簡単。いつものように2つもしくは3つの材料だけで味付けをして、チャーハンに混ぜるだけ。ではその簡単なレシピをご紹介します。

【材料】2人前

.タコの足:1本(約50〜100gくらい)、キャベツ:50g(1枚〜1枚半)、

・塩胡椒:適量、刻みにんにく:小さじ1、炒め油:大さじ1

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、鶏ガラスープの素・酒・醤油:各小さじ1→あらかじめ混ぜ込んでおく

【作り方】(具材)

1.タコを一口大に切っておく。 ↓

IMG_0973.jpg


2.キャベツは2cm角に切ります。 ↓

IMG_0974.jpg


3.にんにくを1片刻んでおきます。
 (手にニンニクの匂いが付くのが嫌だとお思いの方は、これを使うと良いでしょう。) ↓

IMG_0978.jpg


4.熱したフライパンに油をひき、刻んだタコを炒めます。 ↓

IMG_0975.jpg


5.そして、キャベツを加えて炒めます。 ↓

IMG_0976.jpg


塩胡椒・と刻みニンニクで味付けをして、一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0977.jpg


【作り方】(基本のチャーハンを作る)

1.充分に熱したフライパンに炒め油大さじ2をなじませて、玉子ご飯を入れて炒め基本のパラパラのチャーハンを作ります。詳しくはこのページを参照して下さい。→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

2.フライパンで2分程炒め、チャーハンがパラパラになったらチャーハンの素で味付けをします。 ↓

IMG_0979.jpg


3.そして、先程一旦お皿に取り出しておいたタコとキャベツの具材を加えます。 ↓
 「ここからは炒めるというより(具材を)絡める感じです。」

IMG_0980.jpg


4.最後に刻みネギを加えパラパラになったチャーハンに手早く絡めます。 ↓

IMG_0981.jpg


5.火を止め、器に盛って完成です。 ↓

IMG_0983.jpg


【最後に】

 タコはあまり炒めすぎないように。(炒めすぎると硬くなってしまいます)
今回はキャベツを使いましたが、人参やジャガイモ、玉ねぎなどのほかの野菜でもまた違った味が楽しめます。野菜を変えるだけ、とっても簡単です。色々と試してみてください。
posted by うえっち at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

キャベツと秋刀魚の味噌チャーハン





 日本の缶詰やレトルト食品って以上に進化していて美味しいんですよね。以前ここで「さんまの蒲焼」の缶詰を使って簡単にできる「さんま蒲焼チャーハン 」をつくりました。この缶詰は充分に温かいご飯のおかずとなりますし、また酒の肴にもよく合います。
 缶詰の蒲焼のタレがもったいないのでチャーハンの味付けに使いましたところ蒲焼の味が上手くマッチしてとっても簡単で美味しいチャーハンが出来上がりました。
 温かいご飯を炊いておかずが缶詰だけの時、まず最初に具材で一、ニ杯、そしてそのタレをご飯にぶっかけてもう一杯なんて食べ方もありですが、今回はその缶詰の予め味付けされているタレを使って別の具材を調理することにしました。どこの八百屋さんでもスーパーでも安価で購入出来、結構長期間冷蔵庫で保存効くキャベツを使いました。具材の作り方はとっても簡単!缶詰のタレでキャベツを炒めるだけ。それだけでも酒の肴や晩ご飯の献立の助けになります。安くて簡単、調味料は製品化された缶詰のタレだけ。
 では、早速そのチャーハンの作り方のレシピをご紹介いたします。

【材料】2人前

(チャーハンに混ぜる具材)
・さんま味噌煮の缶詰:1缶、キャベツ:50g(1枚と半分くらい)、炒め油:大さじ1

(チャーハン)
・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、酒・和風だしの素・醤油:各小さじ1→予め混ぜ込んでおく



これが面倒な方は、市販の味覇(ウェイパー)を使ってみたら良いと思います。バッチリと味が決まります。
(ただし、長い間冷蔵庫に保存していると硬くなってしまいますので、そのときは必要量を常温で戻すか、お湯またはお酒で解いて使ってください。)

【作り方】(下準備)

1.キャベツは食べやすいように2cm各くらいに切っておく。 ↓

IMG_0943.jpg


芯の部分も栄養があるので捨てずに細かく切って使います。 ↓

IMG_0944.jpg


2.さんま味噌煮の缶詰を、 ↓

IMG_0960.jpg


開けて、 ↓

IMG_0961.jpg


缶詰のタレを逃がさないようにザルの下に敷いて、具材のタレを切っておきます。 ↓

IMG_0962.jpg


受け止めた缶詰のタレです。(これがこのレシピの要となります) ↓

IMG_0963.jpg


ここまでの作業と、チャーハンの素を混ぜ込んでおくことと、(基本のチャーハンの)ボウルに玉子を割ってご飯を混ぜ、卵ご飯を作ったら、下準備が完成です。あとは具材の調理とチャーハンの調理、そしてそれを合わせるだけです。

【作り方】(具材を炒める)

1.熱したフライパンに油をなじませ、刻んでおいたキャベツを炒める。 ↓

IMG_0964.jpg


2.キャベツが少ししんなりとしてきたら、先ほどの缶詰のタレを加えて味付けします。 ↓

IMG_0965.jpg


 具材に味が染み込んだら、一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0966.jpg


【作り方】(基本のチャーハンを作って具材と混ぜ合わせる)

1.充分に熱したフライパンに炒め油大さじ2をなじませて、玉子ご飯を入れて炒め基本のパラパラのチャーハンを作ります。詳しくはこのページを参照して下さい。→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

2.チャーハンがパラパラになったら、まずチャーハンの素で下味を付けます。(チャーハンの素は液体なので焦げ付かないよう注意してください。)
 それからタレを切っておいたさんまの味噌煮の具材を加えます。 ↓

IMG_0967.jpg


3.そして、一旦お皿に取り出しておいたキャベツを加えチャーハンに混ぜ合わせます。 ↓

IMG_0968.jpg


4.一番最後に刻みネギを入れて手早く炒めます。 ↓

IMG_0969.jpg


5.火を止め、器に盛って完成です。 ↓

IMG_0971.jpg


【3つのポイント】

 このレシピだけに関して言えることでは無いのですが、家庭で作るチャーハンでは次の3つのポイントだけを意識して作れば上手くいきます。

其の一:基本のチャーハンがパラパラになっているかの確認は、軽くフライパンを前後に揺すってそのパラパラ感を確認する。(フライパンを煽る必要は無し!)

其のニ:チャーハンの素で味つける際、液体なのでフライパンに焦げ付かないように注意してください。
    片手でチャーハンの素を加える際、もう一方のてでフライパンを揺すりながらまんべんなく混ぜるようにする事。

其の三:最後に刻みネギを加え、炒める際は、短時間で。(大体20以内)
    もっぱら刻みネギは生でも良い!(火がすぐに通るので炒めすぎるとネギ本来の風味が損なわれます。)

【最後に】

 缶詰のタレで身近にある野菜を一品、簡単に調理。それをチャーハンに加えるだけで味の変化が楽しめるだけではなくその野菜の栄養も一緒に頂けます。今回はキャベツを使いましたが、別に人参とかじゃがいもでもOKです。ビタミンCなど水にさらしたり加熱すると栄養分がなくなったりする野菜もありますが、まずは実際に作ってみてからその野菜の調理方法を自分なりに研究してチャーハンの具材として加えるもよし、また今晩のおかずに困ったときの献立の一品にするのも良いのではないでしょうか。




posted by うえっち at 10:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

「お財布に優しい!」竹輪(ちくわ)の蒲焼チャーハン



 学生時代、食料が底を尽き、米も無くなり、ゴールデンウィークの最中銀行のATMでお金も下ろせない。そのときは当時住んでいた近所のイズミヤで5食入の「出前一丁」のインスタントラーメンを買って置いたのでそれで、朝昼晩朝昼と食べて過ごした時がありました。美味しい「出前一丁」ですが、連続で5回同じものでは流石にその味に飽きてしまいました。父親にその話をすると、「米は絶対に切らしたらあかんねん!」といわれました。
 父親の教訓から今でも米だけは決して切らすことはなくなりました。日本人は米!お米さえあればなんとかなる。(神戸人ならパンでもかなり代用できるような気がしますが、→神戸人はパンの消費量が日本一)
 そういえば、雑誌「一個人」の「(男の中華 基本の「き」)にこんなエピソードが書いてありました。
 
清の第6代皇帝の乾隆帝が楊州を訪れたとき、道中の農村で食事を所望した。急なことに困った農家では、朝採った鶏卵とネギだけの卵炒飯を出したところ、乾隆帝がこれを気に入り、「楊州炒飯」の名前が広まったと言われている。

 玉子、ネギ、ご飯、!なんと安上がりで簡単ではないか!皇帝に出す料理は何も高価な食材でなくても気に入られるのか!
 まあ、「空腹にまずいものは無し」といってしまえばそれまでなのですが…

 話は変わって、「竹輪(ちくわ)チャーハン」。以前TVドラマの「WOMAN」で竹輪チャーハンを作るシーンがあり、ネット上でも同じように作っている人がいました。私も前回つくりました。竹輪(ちくわ)にはもともと味がついているのでこのレシピはアリと思いました。

 そんな時、業務スーパでこれを見かけました。(税抜きで78円) ↓

IMG_0927.jpg


 うなぎのたれです。鰻の蒲焼は最近国産、中国産等様々ありますが、結構値が張ります。じゃあ、もう少し予算を抑えて前回作ったさんまの蒲焼の缶詰は、結構なものでした。(因みに、有難いことに鰯の蒲焼の缶詰もありました。)
 今回、さらに予算を下げて作ってみたのが竹輪(ちくわ)です。1パック5本入りのものが、業務スーパーで(税抜き)57円で売っていました。これは大変お財布に優しい!給料日前の金欠時のレシピとしていかがなものでしょうか?それではその作り方を ↓

【材料】2人前

・ちくわ:1パック、うなぎのたれ:大さじ1、炒め油:大さじ1

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→予め混ぜ込んでおく

【作り方】(仕込みと具材の調理。とっても簡単です)

1.ちくわを輪切りにします。 ↓

IMG_0926.jpg


2.フライパンを熱して油をひき、ちくわを炒めます。 ↓

IMG_0928.jpg


3.ちくわが狐色になったら、うなぎのたれで味付けして、一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0929.jpg



【作り方】(チャーハンを炒める)

1.ボウルに玉子を割り、温かいご飯を加えてよく混ぜ、玉子ご飯を作って基本のチャーハンをパラパラになるまで炒める。
 詳しくはこのページを参照して下さい。→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

 チャーハンの素で味付けをし、 ↓

IMG_0930.jpg


2.具材の竹輪(ちくわ)の蒲焼を加えます。 ↓

IMG_0931.jpg


3.具材を絡ませたら、最後に刻みネギを加え、さっと炒めます。 ↓

IMG_0932.jpg


4.火を止めて、器に盛ったら完成です。 ↓

IMG_0934.jpg


【最後に】

 基本のチャーハンに業務スーパー等で格安で売られている(でなくても近所のスーパーでも)竹輪(ちくわ)を混ぜる「ちくわチャーハン」→OK!、竹輪(ちくわ)に火を通してうなぎのたれで味付けして「竹輪(ちくわ)の蒲焼チャーハン」→そして、(お好みにより)食べる寸前にこれを振りかけるとさらに風味が増し、味がアップします。 ↓

IMG_0935.jpg
posted by うえっち at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

そばめしチャーハン





 神戸発祥の「そばめし」を焼きそばソースとどろソースではなく、チャーハンのように玉子とネギそして鶏ガラスープを使って味付けしました。その名はそのまま「そばめしチャーハン」です。作り方はいつもと同じ工程でとっても簡単です。上手く作るポイントは多少面倒くさくても下準備をしっかりとしておくことです。ではそのレシピをご紹介いたします。

【材料】2人前
・豚バラスライス肉:50g、キャベツ:50g、塩コショウ:適量、炒め油:大さじ1〜2

・温かいご飯:茶碗1配分、焼きそば用の蒸し麺:1パック、刻みネギ:大さじ3

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、鶏ガラスープの素・酒・醤油:各小さじ1→これを予め混ぜ合わせておく

【作り方】(下準備)

1.豚バラスライス肉は、一口大に切っておく。 ↓

IMG_0904.jpg


2.焼きそば用の蒸し面は、 ↓

IMG_0905.jpg


ほぐして、2〜3cmの長さに刻みます。 ↓

IMG_0906.jpg


3.キャベツも2〜3cm角に刻みます。 ↓

IMG_0907.jpg


4.基本のチャーハンの下準備はいつもと同じく、ボウルに玉子を2個割って、 ↓

IMG_0911.jpg


よく溶いたら、温かいご飯を入れ、 ↓

IMG_0913.jpg


今回はそばめしチャーハンなので、さらに刻んだ焼きそば用の蒸し麺も加えます。 ↓

IMG_0914.jpg


そしてよく混ぜ込んでおいて、いつもの玉子ご飯!?いや、今回は玉子そばめしを作っておきます。 ↓

IMG_0915.jpg


ここまでが、下準備です。面倒くさがらずに頑張って!ここまでの工程で既に7割くらい完成といっても過言ではないでしょう。

【作り方】(具材を調理する)

1.熱したフライパンに油をひき、最初に豚肉を炒めます。 ↓

IMG_0908.jpg


2.豚肉に火が通ってきたら、キャベツを加え、塩コショウで味付けします。 ↓

IMG_0909.jpg


3.そして、具材を一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0910.jpg


(晩ご飯のおかずの献立に困ったら、とっても簡単なこの具材がそのままおかずの一品として通用しますが、ここではこれをチャーハンに混ぜます。)

【作り方】(チャーハンを炒める)

1.さて、いよいよ最後の工程です。基本のチャーハンを作ります。
 充分に熱したフライパンに油をなじませたら、先程溶き玉子に混ぜておいたそばめしを炒めます。 ↓

IMG_0916.jpg


2.チャーハンがパラパラになったら、チャーハンの素で味付けをします。 ↓

IMG_0917.jpg


3.そして、一旦お皿に取り出しておいた具材を加えチャーハンに馴染ませます。 ↓

IMG_0918.jpg


4.最後に刻みネギを入れ、手早く炒めます。 ↓

IMG_0919.jpg


5.火を止めて、お皿に盛って完成です。 ↓

IMG_0922.jpg


【最後に】

 中華料理屋さんの厨房をよく見てみると調味料や具材がすぐに手の届くところにあります。オーダーが通ったら実に手早く作っていきます。それは、下準備や段取りの良さの賜物だと思います。
 チャーハンはとにかく素早さがいのちです。予め使う調味料は、すぐ手の届くところに。具材もさっと混ぜれるように一旦お皿に取り出しておいて近くに置いておきます。(お皿の洗い物が増えますが)
 町の小さな中華料理屋さんや定食屋さんは注文が入ってから玉子を割って白いご飯と混ぜてチャーハンを作りますが、大きな中華料理屋さんでは、朝の仕込みの段階で、大量の玉子チャーハンを作っています。そしてオーダーが通ったらそのあらかじめ作っておいた玉子チャーハンを温め直し、そこへ具材を加えて完成させます。これも大量のオーダーに対応するための下準備だとも言えます。
 家庭で作る際は一度に何十人前も作る必要がないのでそこまではする必要はないのですが、「下準備と段取り」は、チャーハンを手早く作る一番のポイントになるのではないでしょうか。

posted by うえっち at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。