2016年02月29日

水菜とカリカリ梅のチャーハン



 2007年の夏、セブンイレブンのレジ横に置いてあったフリーマガジンの「ビッグセブン」の「華中華」を読んでから、チャーハンにすっかり取り憑かれてしまい「華中華」以外のいろいろなチャーハンに関連する本を読みました。その中の一つが金山一彦さんが実業之日本社から出版している「金山一彦流 チャーハンの極意」。
 この本のチャーハンの素は大変参考になりました。市販のチャーハンの素を使わなくてもとりあえず家庭の調味料だけだなんとかなり、味付けがブレなくバシっと決まる。そのチャーハンの素に混ぜ込む「和風だしの素」を自分なりに「鶏ガラスープの素」、「コンソメスープの素」と食材に合わせ変えて、和・洋・中とここにご紹介いたしました。今回は「金山一彦流 チャーハンの極意」のレシピにある「水菜とカリカリ梅のチャーハン」を実際に作りましたのでそのレシピをご紹介いたします。

【材料】2人前

.水菜:2株→(1パックの中の2株ですよ!)、カリカリ梅:4個、

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ:2

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→これを予めませ込んでおく。

【作り方】

1.水菜の根元を切り落として、2〜3cmに切ります。 ↓

IMG_0670.jpg


切っておいた水菜は調理する際まごつかないようにお皿に取っておく。

2.カリカリ梅は、(八百屋さんでは売っていません。お菓子屋さんで購入できます。) ↓

IMG_0671.jpg


 種をとって、このように細かく刻んでおきます。 ↓

IMG_0672.jpg


3.フライパンを十分に熱し、炒め油をなじませたら、基本のチャーハンを作ります。詳しくは)「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ」を参照! 

4.チャーハンがパラパラになったら、水菜と ↓

IMG_0674.jpg


 カリカリ梅を先に加え、 ↓

IMG_0675.jpg


 軽く混ぜ合わして、さらに刻みネギを入れ、 ↓

IMG_0676.jpg


5.一番最後にチャーハンの素で味付けをします。 ↓

IMG_0677.jpg


6.火を止め、器に盛ったら完成です。 ↓

IMG_0678.jpg


【最後に】

 いつもは、最初にチャーハンに、チャーハンの素で味付けします。ところが、今回だけは、そのチャーハンの味付けを最後までとっていきます。それは、今回の具材である「水菜」って(字のごとく、水の菜っ葉)火には弱いのです。ほとんど生の状態でも良い位です。毎回刻みネギを混ぜる際は手早く(10秒〜20秒位)と書いていますが、今回の部材である水菜は特に短時間がポイントとなります。火をかけすぎると水菜のシャキシャキ感が失われてしまうので、要注意です!

 基本のチャーハンの作り方は、金山一彦さんのチャーハンの極意とは違い、これまでどおり頑なに「華中華」の5巻第4話で紹介されている、玉子を解いた中に温かいご飯を混ぜて作る方法を取りました。






posted by うえっち at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。