2016年11月16日

カラフルいんげん豆の炒飯





 いんげん豆は通常緑色なのですが、神戸大安亭市場にある老舗の八百屋さんの「地場野菜コーナー」でこんなものを見つけました。 ↓

IMG_1210.jpg


 なんと緑の他に紫と黄色のいんげん豆が入っていました。
袋から取り出したものがこれです。 ↓

IMG_1211.jpg


 というわけで、今回はこの「カラフルいんげん豆」を使ったチャーハンんおレシピをご紹介します。

【材料】(2人前)
・温かいご飯:茶碗2配分(約400g)、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、油:大さじ2

.「カラフルいんげん豆」:1パック(約100g)、豚ミンチ(牛や合い挽きでも下:100g、油:大さじ1

.チャーハンの素:塩2つまみ、胡椒2振り、和風だしの素・酒・醤油各小さじ1→予めよく混ぜ込んでおく)

(チャーハンによりコクを求める方は、ウェイパーまたはシャンタンを小さじ1から2弱で味付けしてください)

【作り方】(具材を炒める)

1. カラフルいんげん豆を輪切りにし、お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_1212.jpg


2.熱したフライパンに大さじ1の油をよくなじませたら、豚ミンチを炒めていきます。 ↓

IMG_1214.jpg


3.豚肉に火が通ったら、先程のカラフルいんげん豆を加えさらに炒めていきます・ ↓

IMG_1215.jpg


4.塩コショウで味付けをし、 ↓

IMG_1216.jpg


一旦お皿に具材を取り出しておきます。 ↓

IMG_1217.jpg


チャーハンの具材が完成。このまま酒の肴や銀シャリのおかずにもなります。

【作り方】(パラパラのチャーハンを作る)

1.ボウルに玉子2個を割ってかき混ぜ、その中に温かいご飯を入れよく混ぜ込みます。(玉子ご飯を作る)

2.充分に熱したフライパンに油大さじ2をよくなじませたら、(1)の玉子ご飯を投入し、杓文字でご飯を切るようにしながらパラパラになるまで2〜3分ほどかけて炒めていきます。

3.フライパンを時々前後に揺すりながらパラパラ感を確認しながら炒め、焦げ付かないようにフライパンの中心から「チャーハンの素」(ウェイパーやシャンタンでもOK)を手早く入れてチャーハンに味付けします。

詳しくは、このページを参照して下さい。→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

4.パラパラになったチャーハンを作ったら、先ほどの具材を加え、 ↓

IMG_1222.jpg


5.軽く混ぜ合わせたら、刻みネギを加えます。 ↓

IMG_1223.jpg


そして、約10秒〜20秒位フライパンを前後に揺すりながら刻みネギをチャーハンに絡めます。
(最後の刻みネギは炒めるというより絡める事)

6.器に盛ったら、完成です。 ↓

IMG_1224.jpg



しかし!
【近所の八百屋さんやスーパーで「カラフルインゲン豆」が売っていない場合。また冷蔵庫や冷凍庫にミンチのストックがない場合は!】 ↓


普通のインゲン豆と世界で一番普及している「ツナ缶」を使いましょう。

まずいんげん豆を輪切りにし、 ↓

IMG_1213.jpg


 ツナ缶は豚肉や牛肉に比べて満腹感が若干弱いので、炒め油を風味の強い胡麻油にして、 ↓

IMG_1218.jpg


先にいんげん豆を炒めて塩コショウで味付けしから、予め味付けのついてあるツナ缶を油ごと加えます。 ↓

IMG_1219.jpg


ツナの油漬け缶を絡ませながら ↓

IMG_1220.jpg


よく混ざったら、例のごとく一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_1221.jpg

基本のパラパラのチャーハンを作ったら、具材を加え、 ↓

IMG_1222.jpg


刻みネギも加えて、 ↓

IMG_1223.jpg


器に盛ると、「いんげん豆とツナ缶のチャーハン」の出来上がりです。 ↓

IMG_1228.jpg


【最後に一言】

 八百屋さん、果物屋さん、お肉屋さん、お魚屋さんなどの専門店で、珍しい食材を目にしたら是非とも店員さんに調理方法や保存方法などを聞いてみましょう。色々と答えてくれるはずです。
 価格は大手のスーパー程安くはならないですけど、それぞれの食材を専門に扱っているため、食材の価格以上に充分な回答を得られると思います。
 特にレストラン、専門料理店、定食屋、などの料理人が仕入れに行っているお店では、プロの料理人と同じ情報が得られます。そのプロも人件費、仕込みの作業時間などもあり、全てに手をかけているわけではありません。
 日々の食事。手の抜けるとこは簡単に済ませ、一部だけでもこだわってみると料理のレシピに幅格段にが広がると思います。


 





posted by うえっち at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

牛セロリチャーハン





 「今度は、セロリのチャーハンが食いたいな〜」辛口ですが、適確なコメントをいただける職場のS氏のリクエストチャーハンです。
 セロリはその独特の匂いもあってか、人によってかなり好き嫌いが分かれるところですが、一度作ってみても面白いのではと思い作ってみました。セロリ好きには堪らないチャーハンです。
 それではそのレシピをご紹介します。

【材料】2人前

.セロリ:1P(2本)、赤ピーマン:2個、牛肉の切り落とし:100g、

 炒め油:大さじ1、粗挽き塩コショウ:適量

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

・(チャーハンの素)
 塩:2つまみ、胡椒:2振り、鶏ガラスープの素・酒・醤油:各小さじ1→予めよく混ぜ込んでおきます。

【作り方】(具材の下準備)

1.セロリは葉と茎に切り分け、 ↓

IMG_1127.jpg


茎を、↓

IMG_1128.jpgIMG_1128.jpg


細かく切って、小皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_1130.jpgIMG_1130.jpg


葉も同様に、 ↓

IMG_1131.jpg


細く切っておいて小皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_1133.jpg


2.チャーハンにセロリとネギだけでは、彩が冴えないので赤ピーマンをひとつ加えます。 ↓

IMG_1134.jpg


赤ピーマンもセロリと同様、微塵に切って、 ↓

IMG_1135.jpg


小皿に、 ↓

IMG_1136.jpg


3.牛肉のの切り落としも、 ↓

IMG_1137.jpg


食べやすいように一口大に切って、小皿にとっておきます。 ↓

IMG_1138.jpg


ここまでが、下準備です。チャーハンの作り方はゼッティングが重要です。調理してる時にまごつかないように材料を予め小皿に取り分けておくことがポイントです。

 さあいよいよ具材の調理です。

【作り方】(具材の調理)

1.フライパンを熱して大さじ1の油をなじませたら、初めに牛肉を炒めていきます。 ↓

IMG_1139.JPG


2.牛肉に8割り方火が通ったら、セロリを加え、 ↓

IMG_1141.JPG


3.続いて赤ピーマンを加えて炒めていきます。 ↓

IMG_1142.JPG


4.粗挽き塩胡椒で味付けしたら、一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_1143.JPG



【作り方】(チャーハンを作る)

1.ボウルに玉子2個を溶き、その中に温かいご飯を加えてよき混ぜ込んで玉子ご飯を作ります。
 充分に熱したフライパンに油をなじ混ぜたら玉子ご飯を炒め、パラパラになったらチャーハンの素で味付けをします。

詳しくは、このページを参照して下さい。→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

2.基本のパラパラチャーハンを作ったら、

IMG_1144.JPG


先程一旦取り出しておいた具材を加えます。 ↓

IMG_1145.JPG


3.具材をさっとチャーハンに加えたら、最後に刻みネギを投入し、手早く混ぜ込みます。(この間約20秒位です。あまり炒めすぎるとネギの食感が失われます。) ↓

IMG_1146.JPG


4.器に盛ったら完成です。 ↓

IMG_1147.jpg


【最後に】

 セロリには牛肉がよく合います。でも無ければ豚バラスライスでもミンチでもベーコンでも何でも良いと思います。肉を変えてチャーハンを作ればまた新しいレシピが増えますね。
 私は近所の商店街のお肉屋さんで特売日にまとめて購入し、使いやすいように100gづつビニール袋に分けて冷凍庫で保存しておきます。そうすることによって長期保存も可能となります。調理する前日に必要な分だけ冷蔵庫に移して解凍して使えます。解凍するのに時間がない場合は、流水にビニール袋のままさらすと解凍時間が短縮できます。
 そして彩。美味しいチャーハンも食指が伸びるようにするためには美味しく見えなくてはなりません。今回赤ピーマンを加えたのもそのためです。
 中華料理屋さんや定食屋さんのチャーハンも彩は大体ご飯に野菜の緑色1色だけではないでしょうか。(チャーハンの脇に紅生姜が添えてあるものもありますが)
 「信号」赤・青・黄色の彩を意識してチャーハンのレシピを考えることによって、美味しいものが美味しく見え、完璧に近づきますよ。
posted by うえっち at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。