2016年04月27日

春の訪れを感じる!「蕾菜チャーハン(洋風)」





 春になると様々な旬の山菜が八百屋さんやスーパーに並びます。以前にここでご紹介させていただいた、ツナの缶詰とミックス山菜の水煮のパックを使えば年中山菜が味わえますが、今旬の時期にしか手に入らない山菜を使ってみてそれをチャーハンにしてみたいと思います。値段が手頃だったので蕾菜を購入して使いました。 ↓

IMG_1031.jpg


 基本のチャーハンにチャーハンの素で味付けするところは今までと変わりません。冷蔵庫を開けてみるとお肉がベーコンしかなかったのでチャーハンの素の調味料を顆粒のブイヨンにして洋風にしました。だから刻みネギも使っていません。本来はパセリを使いた買ったのですが、冷蔵庫になかったので、ドライパセリを7代用しました。では早速その週の山菜(蕾菜)を使ったレシピ、チャーハンの作り方をご紹介していきます。

【材料】

・蕾菜:1パック、スライスベーコン:2、3枚、ドライパセリ・塩胡椒:適量、

・刻みニンニク:小さじ1、オリーブオイル:大さじ1

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個→(これをあらかじめませ込んでおきます。)、

 オリーブオイル:大さじ2

.(チャーハンの素)
 塩:2つまみ、胡椒:2振り、洋風雨だしの素(顆粒のブイヨン)・酒・醤油
                  ↓
これも予めよく混ぜ込んでおきます。

【作り方】(下準備)

1.蕾菜は、↓

IMG_1032.jpg


大きいものは、縦半分に切って、↓

IMG_1033.jpg


小さいものはそのまま横に切り、 ↓

IMG_1034.jpg


調理しやすいように、小皿にとっておきます。 ↓

IMG_1035.jpg


2.スライスベーコンも同様に一口大に切っておきます。 ↓

IMG_1036.jpg


【作り方】(チャーハンに入れる具材を調理する)

1.熱したフライパンにオリーブオイルをなじませたら、ベーコンを炒めます。 ↓

IMG_1037.jpg


2.ベーコンに火が通ったら、蕾菜も入れます。 ↓

IMG_1038.jpg


3.塩コショウで味付けをして、 ↓

IMG_1039.jpg


4.刻みニンニクを加えて炒めていきます。 ↓

IMG_1040.jpg


5.炒め上がった具材は一旦お皿にとっておきます。 ↓

IMG_1041.jpg


【作り方】(チャーハンを炒める)

1.充分に熱したフライパンにオリーブオイルを大さじ2なじませたら、予め溶いた玉子にご飯を混ぜ込んでおいたものを投入し炒めます。 ↓

IMG_1043.jpg


2.フライパンを前後に軽く揺すってチャーハンがパラパラになったらチャーハンの素で味付けをします。 ↓

IMG_1044.jpg


 ここまでの工程は基本のパラパラのチャーハンをと同じです。
詳しくはこのページを参照して下さい。→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

3.チャーハンに先程一旦取り出しておいた具材を混ぜ合わせます。 ↓

IMG_1045.jpg


4.器に盛って、 ↓

IMG_1046.jpg


5.ドライパセリを ↓

IMG_1048.jpg


チャーハンに適量振りかけて完成です。 ↓

IMG_1047.jpg


【最後に】

 冷蔵庫にスライスベーコンがあったので、炒め油にオリーブオイルを使い、チャーハンの素には洋風だし(顆粒のブイヨン)を混ぜて洋風の味付けにしました。仕上げには従来の刻みネギではなくパゼリを最後にまぶしました。
 これをベーコンブロックと生のパセリを使うともっと味が引き立つと思います。
また、鶏肉や豚肉を使って具材を炒め、刻みニンニクを刻み生姜に変え、チャーハンの素に和風ダシの素を混ぜ、パセリではなく刻みネギでチャーハンを作ると和風になります。同じ食材でも和洋中と変化できると楽しいですよ。色々と試してみてください。
posted by うえっち at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

(少〜し手を抜いて作った!)切り干し大根チャーハン





 漫画の「華中華」の七巻第1話に切り干し大根を使ったチャーハンのレシピが紹介されています。
 その切り干し大根作り方を大まかに読み取ると ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

@切干大根を水で戻す。(30分以上)

A@を熱湯でひと煮立ちさせ、しっかり搾って、1cmの長さに刻む。

BAをボウルに移し、塩・一味唐辛子・ごま油で味付けをする。

Cベーコンを1センチ幅に切り、中華鍋で油を使わず、中火以下でカリカリの炒めて、そこへBを入れて一緒に炒める。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私も一度このレシピで作ってみました。大変美味しかったです。
でも今回はこの工程が少しばかり面倒くさいと思って、少〜し手を抜いてこれを使いました。 ↓

IMG_1012.jpg


 業務スーパーで購入しました。1パック確か¥92-(税別)くらいだと思います。「最寄りのスーパーや最近ではコンビニでも安価で購入できます。」
 「華中華」のレシピはベーコン、一味唐辛子、胡麻油を使っていてピリっとしたパンチのある味がやみつきになります。
 今回業務スーパーで購入したパックになっている「切り干し大根」はベーコンは入っていませんが、切り干し大根の定番の人参と油揚げが入っており、予め味が付いているので調味料を使う必要がありません。
 ポイントは具材の切り干し大根をしっかりと搾るだけです。では早速その少〜しばかり手を抜いたチャーハンのレシピをご紹介いたします。

【材料】2人前

・切り干し大根(市販で売っているもの):1パック、胡麻油:大さじ1

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→予め混ぜ込んでおく

【作り方】(具材の下準備)

1.市販のパックになっている切り干し大根をザルにあげて汁気を取り除く。 ↓

IMG_1013.jpg


 さらにお皿にキッチンペーパーをひいて、残りの汁気を抜き、手でギュッと絞っておきます。 ↓

IMG_1014.jpg


2.フライパンを熱して、胡麻油をなじませたら、具材の切り干し大根を炒めます。 ↓

IMG_1016.jpg


 具材の汁気が飛んだら一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_1017.jpg


【作り方】(基本のチャーハンを作る)

1.玉子2個をボウルに割って溶き、その中へ温かいご飯を入れて卵ご飯を作ります。

2.フライパンを充分に熱し、炒め油をなじませたら玉子ご飯を投入して炒めます。

3.2〜3分程炒め、フライパンを時々前後に揺すりながらパラパラになるまで炒めます。

4.パラパラになったら、チャーハンの素で味付けをします。
 詳しくはこのページを参照して下さい。→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

【作り方】(基本のパラパラのチャーハンに具材を加える)

1.フライパンを軽く前後に揺すりながらお米がパラパラになったことを確認したら、先程一旦お皿に取り出しておいた具材を加え、チャーハンに混ぜ込みます。 ↓

IMG_1024.jpg


2.具材が満遍なくチャーハンに絡まったら、最後に刻みネギを加えて手早く炒めます。 ↓

IMG_1025.jpg


3.そして、器に盛って出来上がり。 ↓

IMG_1026.jpg


 もう少しアップした画像がコチラ ↓

IMG_1027.jpg


【最後に】

「華中華」の作者、西 ゆうじさんはチャーハンのレシピを漫画に紹介するまでに何度も何度も死後錯誤しながら作ったと思われます。
 美味しい料理って大変時間と手間がかかるものです。食事は日々忙しい中毎日作って口にしなけれがなりません。時間が無い、手間が掛かるのは仕方のないことでしょう。
 特に育ち盛りの男の子を持つ母親ならなおさらなことです。合理的に!なるだけ手間をかける時間を短縮して、子供たちのお腹をいっぱいに満たすのは容易なことではありません。
 レシピどおりに一から作らなくても、(良い意味で)手を抜けるところは手を抜き、市販で売っているものを上手に活用すれば料理を上手く作れます。一番最初は最も簡単な方法で一回作ってみて、その味が気に入ったのなら気になるところだけをピンポイントで自分なりにアレンジしていく方法がお勧めです。
posted by うえっち at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

人参しりしりチャーハン





 沖縄の家庭料理の「人参しりしり」。作り方はその家庭によって様々ですが、大体の作り方としては人参を千切りにしてツナ缶と一緒に炒め、調味料で味付けして玉子でとじる。っていう感じですかねぇ。体に良い人参がたくさん食べられるところが魅力です。
 私がこの「人参しりしり」を知ったのは、職場のT氏がマンガの「天体戦士サンレッド」を紹介してくれて読み始めたところからです。マンガの中で「ヴァンプ将軍のさっと1品」のコーナーがあり、簡単で手軽に作れる料理が紹介されています。その「天体戦士サンレッド」の第8巻「さっと1品、そのC」で人参しりしりが取り上げられていました。最初はその通りに作り、その後時分なりに調味料を考え、チャーハンの素で味付けするレシピに至りました。
 というわけで、今回はこの「人参しりしり」をチャーハンの具材として使いました。多めに作って、余った分を冷蔵庫で保存していけば数日は持つので、翌日の献立に困ったときの一品になりますよ。
 それではこのとっても簡単な「人参しりしりチャーハン」のレシピをご紹介いたします。

【材料】2人前

.人参:1本、ツナ缶:小1缶、玉子:1個

・和風だしの素:小さじ1、塩胡椒:少々、醤油:少々

(または、和風ダシのもとでチャーハンの素を作っておいてそれを味付けに使います。)

(チャーハンの素)
・塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素・酒・醤油:各小さじ1→予め混ぜ込んでおく

・温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、刻みネギ:大さじ3

【作り方】(人参しりしり)

IMG_0991.jpg


1.人参の頭とおしりの部分を取って、ピーラーで人参の皮を剥きます。
 (野菜の皮の部分には栄養分が豊富に含まれているので気にならない方は皮をむかずに使ってください)

2.包丁で人参を千切りにします。でも、その作業に時間を取られるのが面倒な方は100均で千切り用のスラーサーが売っていますので、これを活用すると時間の短縮になります。 ↓

IMG_0989.jpg


 お皿の上で、人参のお尻をしりしりしながら千切りにします。 ↓

IMG_0992.jpg


3.熱したフライパンに油はひかずに、ツナ缶を開けてそのまま油ごと投入し、炒めていきます。 ↓

IMG_0993.jpg


4.そして人参を入れ炒めます。 ↓

IMG_0994.jpg


5.人参に火が入り始めたら、和風だしの素と、塩胡椒で味付けをして、 ↓

IMG_0995.jpg


6.醤油を具材に満遍なく垂らし、 ↓

IMG_0996.jpg


7.ボウルに玉子を割って手早く溶き、 ↓

IMG_0997.jpg


具材にかけてとじます。 ↓

IMG_0998.jpg


それを一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_1001.jpg


【作り方】(基本のチャーハン)

1.玉子2個をボウルに割って溶き、その中へ温かいご飯を入れて卵ご飯を作ります。

2.フライパンを充分に熱し、炒め油をなじませたら玉子ご飯を投入して炒めます。

3.2〜3分程炒め、フライパンを時々前後に揺すりながらパラパラになるまで炒めます。

4.パラパラになったら、チャーハンの素で味付けをします。
 詳しくはこのページを参照して下さい。→「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ

【作り方】(パラパラのチャーハンに具材を絡める)

1.チャーハンがパラパラになったら、一旦取り出しておいた「人参しりしり」の具材を加えます。 ↓

IMG_1002.jpg


2.ここからは、炒めるというより、具材を満遍なくチャーハンに絡めるかんじで混ぜ合わせていきます。

 一番最後に刻みネギを入れ、手早く炒めます。(この間10〜20秒以内で!) ↓

IMG_1003.jpg


3.器に盛って、完成です。 ↓

IMG_1005.jpg


 もうちょっとアップした画像がコレ! ↓

IMG_1004.jpg


【最後に】

 今回のチャーハンの具材に使った「人参しりしり」をネットでその作り方を調べてみると実に様々。
 私はチャーハンの素(塩・胡椒・和風だしの素・酒・醤油)で味付けしましたが、そのほかにもめんつゆや砂糖などを使ったレシピがあり、大変興味深いです。調味料を変えると味が変化します。色々と試して是非自分好みの味を見つけて下さい。

 
posted by うえっち at 10:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。