2015年07月29日

カラフル人参と豚バラ肉のチャーハン

 人参は、オレンジ色の「西洋人参」か赤い「金時人参」が一般的ですが、老舗の八百屋さんの一角にある地場野菜のコーナーで「カラフル人参」を購入しました。 ↓

IMG_0151.jpg


 オレンジ色の他に紫や黄色など名前のとおりカラフルな人参です。切ってみると断面はこんな感じです。↓

IMG_0152.jpg



 紫の人参は表面だけが紫で中はオレンジですが、黄色の人参は中まで黄色、この黄色の人参は大変甘く、人参というよりはさつま芋みたいな味がします。今回はこの「カラフル人参」を使って炒飯を作りたいと思います。

【材料】(2人前)

・カラフル人参:3本、スライス豚バラ肉:100g、炒め油:大さじ1、塩胡椒:適量

・温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、カットネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

(チャーハンの素)
 塩:2つまみ、胡椒:2振り、鶏ガラスープの素・酒・醤油:各小さじ1→これを予めよく混ぜ込んでおく。

【作り方】

1.人参を1cm角に切ります。 ↓

IMG_0154.jpg


 そして人参の葉も栄養があるので細かく切って使います。 ↓

IMG_0153.jpg


 豚バラ肉も一口大に切ります。 ↓

IMG_0155.jpg


2.熱したフライパンに炒め油をよくなじませたら、豚バラ肉を炒めます。 ↓

IMG_0157.jpg


3.肉に火が通り色が変わったら、カットしておいた「カラフル人参と葉」を追加して炒め、塩コショウで味付けします。 ↓

IMG_0158.jpg


 具は一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

4.基本のパラパラチャーハンを作ったら(詳しくは、絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピを参照) ↓

IMG_0160.jpg


5.具を混ぜ込み、 ↓

IMG_0161.jpg


6.最後にカットネギを加えて更に炒めていき、 ↓

IMG_0162.jpg


7.火を止めて、器に盛ったら完成です。 ↓

IMG_0163.jpg


【最後に】
人参の皮の内側には栄養分がたっぷり含まれているという事と、「カラフル人参」の紫色を彩に生かしたかったため、皮を剥かずにカットして炒飯に使用しましたが、気になるならピーラーなどで剥いてもよいでしょう。










posted by うえっち at 09:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

夏バテ防止に!「ゴーヤチャンプルー炒飯」

沖縄野菜のゴーヤ(にがうり)を使って ↓ 炒飯(チャーハン)を作っていきます。

IMG_0126.jpg


 今ではすっかりおなじみとなったゴーヤ(にがうり)。ビタミンCが豊富で美肌効果が期待できる野菜だと言われています。どこの八百屋さんやスーパーでも買うことができます。値段は大体200円前後といったところでしょうか。
 チャーンプルーって「ちゃんぽん」のことで「MIX」。要するになんでもアリなんですが、今回具材に混ぜるのはお財布に優しい豚バラ肉だけです。
 それでは早速レシピをご紹介します。

【具材】2人前
・ごーヤ(にがうり):1本、豚バラスライス:100g、
 塩胡椒:適量、醤油:適量、炒め油:大さじ1〜2くらい

【具材(基本のチャーハン)】2人前
・温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、カットネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

・(チャーハンの素)
 塩:2つまみ、胡椒:2振り、鶏ガラスープの素・酒・醤油:各、小さじ1

【作り方】

(下準備)
1.ゴーヤは、縦に半分に切って、 ↓

IMG_0127.jpg


 スプーンで中の綿を取り出します。 ↓

IMG_0128.jpg


こんなふうに ↓

IMG_0129.jpg


 そして、まず輪切りにし、 ↓

IMG_0131.jpg


 食べやすいようにそれを更に一口大に切って苦味を和らげるために粗塩を揉み込んでしばらくおきます。 ↓

IMG_0132.jpg


2.豚バラスライスも同様に一口大に切っておきます。 ↓

IMG_0133.jpg


下準備はここまでです。

3.熱したフライパンに油を馴染ませたら、豚バラ肉を炒めます。 ↓

IMG_0134.jpg


4.豚肉の色が変わったら、塩コショウで味付けをし、そしてゴーヤ(にがうり)を加えます。 ↓

IMG_0136.jpg


5.ゴーヤにも火が通ったら、醤油を具材の上から垂らすようにして味付けして、一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

IMG_0137.jpg


6.基本のパラパラの炒飯を作り、チャーハンの素で味付けをしたら(詳しくは「絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ」を参照) ↓

IMG_0138.jpg


7.一旦取り出して置いた具材を加えて炒飯に馴染ませます。 ↓

IMG_0139.jpg


8.一番最後にカットネギを加えて更に馴染ませます。 ↓

IMG_0140.jpg


9.器に盛ったら完成です。 ↓

IMG_0143.jpg


【最後に】
 通常お肌に良いと言われているビタミンCは加熱に弱いのですが、ゴーヤのビタミンCは可熱に強く失われにくい。また苦味成分にはコレステロールを低減させる効果があるのでこの炒飯はカロリーも控えめです。ビタミンB2やB12を多く含んでいる豚肉と絡ませることによって夏バテを解消できる一品になると思います。

 一旦お皿に取り出しておく「具」はそのままおかずとなります。従って具材の量が多ければ多いほどおかずの味が深まりますが、チャーハンの具材はそこをぐっとおさえて2から3種類にしてください。(もし具材の種類を増やす場合は分量を控えめにして)

 具材を2か3選んで味付けをして基本のパラパラの炒飯にまぜるだけ。簡単ですよね。今回はゴーヤと豚バラ肉だけでした。もう1種類加えてもいいかな。しかしもっととなるとチャーハンではなくなってしまいます。
 基本は、「ご飯、玉子、ネギ」だけです。そこに様々な具材を少〜し加えて「○○チャーハン」に仕上げます。そうするともっと、もっと星の数ほどチャーハンが作れます。「華中華」の楊貴妃さんが言われたとおり「炒飯は、スター」ですから。















posted by うえっち at 16:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。