2015年05月26日

関西では定番の味付け!「ポン酢もやしチャーハン」

 もやしのシャキシャキ感をも残すため、炒飯に直接混ぜ込まずトッピングの方式で作った「塩もやしチャーハン」。塩味とカレー味ときたら定番では「醤油か味噌」となるわけですが、今回、関西でもやしを調理する時に定番の調味料「ポン酢」を使ってみようと思います。 ↓

DSC_0002.jpg


 関西では、本当にポン酢がよく使われます。鉄板焼き屋さんでは、豚バラ、茄子に人参、もやし、そして牛肉のサイコロステーキにだってポン酢が使われます。一般家庭でも、鍋料理だけでなく「冷奴」や「厚揚げ」にもポン酢をかけたりします。
 以前やしきたかじんさんの番組でポン酢が紹介されていたのですが、その中でたかじんさんが言っていた「ポン酢は万能調味料。ポン酢にソースの代わりはできても、ソースにポン酢の代わりはできない」そのフレーズを聞いて「な〜る程!」と思ったら貴方は関西人。…
 関西人じゃなくてもポン酢のあっさりとした味わいがチャーハンに合って、食べてみて「美味い!」と思ったらなら炒飯のレシピに新たな広がりが増すこと間違いないです。それではレシピへ ↓

【材料(具材)】2人前

スライス豚バラ肉:100g、パプリカ(赤またはオレンジ):1個、もやし:1袋

塩胡椒:適量、ポン酢:大さじ2、サラダ油:大さじ1〜2

【(基本の炒飯の)材料】2人前

温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、カットネギ(今回は青葱が良いでしょう):大さじ3

(チャーハンの素)
塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素:小さじ1、酒:小さじ1、醤油:小さじ1、サラダ油:大さじ2

【下準備】

1.もやしを袋から取り出し、軽く水洗いしてザルで水気を切っておく。

2.豚バラ、パプリカは一口大に切っておきます。 ↓

DSC_0001.jpg


【作り方】

1.中火で熱したフライパンに炒め油をひき、豚バラを炒めていく ↓

DSC_0003.jpg


2.豚バラ肉の色が変わったら、パプリカも投入 ↓

DSC_0004.jpg


 万能調味料のポン酢を使うので、別になくてもよいのですが、あっさり味に少しばかりパンチをきかせた下味をつけたいので、ここで塩胡椒を振ります。

3.そして強火にしたら、もやしを投入。一気に混ぜ合わえながら炒めていきます。(この間15秒〜20秒位です) ↓

DSC_0005.jpg


 味付けは、大さじ2のポン酢で。(画像がピンボケしてごめんなさい) ↓

DSC_0007.jpg


4.もやしの水気を切るために一旦ザルにあげておきます(勿論下には受け皿をひいて)。 ↓

DSC_0009.jpg


5.基本のパラパラのチャーハンを作り、(絶対に失敗しない!家庭で出来るパラパラの黄金チャーハンレシピ)器に盛って、 ↓

DSC_0010.jpg


6.ザルにあげておいた具材をトッピングし、 ↓

DSC_0011.jpg


7.さらにその上に青葱をトッピングして完成です。 ↓

DSC_0012.jpg


【最後に】

 「彩は大切!」
 「塩もやしチャーハン」を試食してもらった職場のS氏の貴重なコメント「真っ白やん!」
そのコメントを受け、次回の「カレーもやし炒飯」で少しばかり改善したところS氏のコメントは「うぉ〜美味そう!」
 料理は味が重要。しかし、せっかく苦労して作った料理も食する者に食欲を掻き立てるものでは無ければなりません。

 「美味しそう、美味い、また食べたい!」それが作った者にとっての最高の称号!
 食感は十人十色。万人とはいきませんが、少しでも多くの人に自分の作った料理に「美味い!」の称号をもらうことで、「味付け」、「調理方法」、「食材の選択」などなど更なるパワーアップ出来るのではないでしょうか!?→「星の数程」


















posted by うえっち at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

彩を追加!「カレーもやしチャーハン」

 前回の「塩もやしチャーハン」に彩を追加し、味付けをカレーにして「カレーもやし炒飯」を作りました。
本当は赤と緑のパプリカを使いたかったのですが、たまたま職場の近所にある八百屋さんでオレンジのパプリカが2個100円で売っていましたので、オレンジのパプリカにしました。今パプリカの相場がだいたい1個150円〜200円くらいなのでかなりお得な買い物となりました。 ↓

DSC_0001.jpg


 因みに豚ミンチはお肉屋さんの特売日に100g、90円で購入したものを使い、シャキシャキ感が強い「成田もやし」は家の近所の八百屋さんで38円で購入。

 それでは、「カレーもやしチャーハン」の材料とレシピをご紹介します。

【材料】2人前

 パプリカ:1個、豚ミンチ:100g、もやし:1パック、
 粗挽き塩胡椒:適量、カレー粉:大さじ1、サラダ油:大さじ1

【基本の炒飯の材料】

 温かいご飯:茶碗2杯分、玉子:2個、カットネギ:大さじ3、サラダ油:大さじ2

【チャーハンの素】
 
 塩:2つまみ、胡椒:2振り、鶏ガラスープの素:小さじ1、酒:小さじ1、醤油:小さじ1→これらを予め混ぜ合わせておく。

【下準備】

パプリカを、1センチ各に切っておきます。 ↓

DSC_0002.jpg


【作り方】

1.中火に熱したフライパンに炒め油をなじませてから豚ミンチを炒めていきます。 ↓

DSC_0004.jpg


2.豚ミンチの色が変わったら、刻んだパプリカを入れさらに炒めていき、塩胡椒で味付けをします。 ↓

DSC_0005.jpg


3.ここで火を強火にし、もやしを入れて一気に炒めます。(この間15秒から20秒くらいです。炒めすぎるともやしのシャキシャキ感がなくなります。)

 そして最後にカレー粉で味付けをします。 ↓

DSC_0006.jpg


4.火を止め、炒めた具材はもやしの水気を取るためザルにあげておく。 ↓

DSC_0009.jpg


5.基本の炒飯を作り、(詳しくは、「絶対に失敗しない!家庭で作れるパラパラの黄金チャーハンレシピ」を参照して下さい。)器に盛ります。 ↓

DSC_0010.jpg


6.基本の炒飯に炒めた具材をトッピングしたら完成です。 ↓

DSC_0011.jpg


【最後に】
 前回書いたことですが、基本、自分で作って自分が食べて美味しければ良いでしょう。しかし、自分が作った料理を他人が食して「美味しい!」と言わせることが出来たなら、それは本当に美味しい料理だと思われます。家族などの身内は長年刷り込まれた家庭の味がありますが、他人は全く別の舌を持っています。自分と違う舌の持ち主である第三者が3人以上美味しいと言われるものであるなら間違いないでしょう。
 濃い目の味付け、薄味、好きな食材また食べれない食材など人によって様々。基本のチャーハンは日本人の主食である「米」をベースに玉子とネギだけのシンプルな料理。華中華(ハナチャイナ)の中で楊貴妃さんが言われていた「炒飯(チャーハン)はスター」、中華料理屋さんで定番・人気のあるメニューだからという事だけはなく、そこへ味付けと様々な具材を変え、工夫することによってバリエーションは無限に広がります。まさに星の数ほど。
 勉強、修行、研究の過程の中で第三者の意見は大変参考になります。因みに私がチャーハンを作って第三者に試食してもらう際に持っていく器の蓋には具材の効能とかイラスト、写真などを載せて溢れないように輪ゴムで止め、スプーンを付けて以下のようにしています。 ↓

DSC_0013.jpg














posted by うえっち at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

シャキシャキ感が最高!「塩もやしチャーハン」

 華中華(ハナチャイナ)10巻の第2話の「塩もやしチャーハン」を少しだけアレンジして作ってみました。
まず「もやし」なのですが、細もやし、太もやし、豆もやし、ヒゲを取ってある根切りもやしなど様々ありますが、一番シャキシャキ感が味わえるのはコレ ↓ 「成田もやし」でしょう。

DSC_0003.jpg


1パック50円で購入しました。華中華(ハナチャイナ)では、300円でお客さんに出せる炒飯(チャーハン)ということで、具材はもやしだけなのですが、以前作って食べたときに少し物足りなさを感じたので、豚の挽肉を足してみました。では早速作ってみます。

【具材】2人前
成田もやし:1パック、豚ミンチ:100g、胡麻油:大さじ1、塩・ラー油:適量

(基本の炒飯の具材)
温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、カットネギ:大さじ3、炒め油:大さじ2

(チャーハンの素)
塩:2つまみ、胡椒:2振り、鶏ガラスープの素:小さじ1、酒:小さじ1、醤油:小さじ1→これらを予め混ぜ込んでおく。 ↓

DSC_0953.jpg


【作り方】
1.もやしを水洗いし、ザルにあげて水気を十分に切っておきます。 ↓

DSC_0004.jpg


2.強火に熱したフライパンに胡麻油大さじ1を馴染ませ豚の挽肉を炒めます。 ↓

DSC_0005.jpg


 挽肉の色が変わったら、 ↓

DSC_0006.jpg


3.もやしを入れて、サっと炒めます。↓この間15秒!

 味付けは、塩と少し多めのラー油で。

DSC_0007.jpg


 定石通り、一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

DSC_0008.jpg


4.基本のチャーハンを作り、 チャーハンの素で味付けし、↓

DSC_0009.jpg


5.器にチャーハンを盛って、 ↓

DSC_0010.jpg


6.チャーハンの上に炒めた具材をトッピングして完成です。 ↓

DSC_0011.jpg


【ポイント】
 もやしを炒める時間は、15秒!シャキシャキ感を残すためです。極端に言ってしまえば生でも問題ありません。そして、ピリカラ感の炒飯(チャーハン)を味わいたいなら、「唐辛子入りのラー油」なんてものが売っていますのでそれで味付けをすると良いでしょう。

【最後に】
 豚ミンチを入れることでチャーハンにコクが増します。今回私は「成田もやし」を50円で購入しましたが、近所の八百屋さんでは同じものがなんと38円でした。たった12円の違いですが、何か悔しい感じ。そして豚ミンチは、近所のお肉屋さんで週に一度特売日がありなんと100g90円でした。まとめて購入し、100gずつ小分けにして冷凍保存しておいて必要な時に少しずつ使うと良いでしょう。
 今回のチャーハンの具材は(2人前)で50+90→¥140-。お財布に大変優しい。
 
 自分で作って、自分で食べて美味しいと思えば良いのですが、自分以外に3人以上の人が美味しいと思えばそのチャーハンは(チャーハンだけではないのですが)より完成されたものとなるでしょう。
 この「塩もやしチャーハン」を4人前作って職場の仲間に試食していただいたところ、貴重な意見をいただきました。それは、彩でした。「白」。「一面白」。味は悪くないが彩が悪い。な〜る程、貴重なコメントです。っという訳で次回は是非「彩」の面をクリアーしようと、ますますチャーハン作りに火が付いた私でした。








posted by うえっち at 08:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

青梗菜炒飯(チンゲン菜チャーハン)

 本当は、華中華(ハナチャイナ)第6巻3話に掲載されていた菜の花炒飯(チャーハン)を作りたかったのですが、菜の花が時期終了により、(業務スーパに冷凍食品の「菜の花」が売っていましたので試しに購入して作ってみたのですが、なかなか上手く水気を着ることができずに具材の仕込みの段階で失敗したため)青梗菜(チンゲン菜)に変更して「チンゲン菜チャーハン」にしました。

 
 華中華(ハナチャイナ)の「菜の花チャーハン」では鶏と菜の花の相性が良いということで鶏の挽肉を使っていますが、今回は青梗菜(チンゲン菜)を使いますので、青梗菜(チンゲン菜)と相性の良い豚の挽肉を使用しました。

【材料】2人前

(基本のチャーハンの具材)
温かいご飯:茶碗2配分、玉子:2個、カットネギ:おおさじ3、サラダ油:おおさじ2

(チャーハンの素)
塩:2つまみ、胡椒:2振り、鳥ガラスープの素:小さじ1、酒:小さじ1、醤油:小さじ1

チンゲン菜:1束(今回はミニチンゲン菜を2つ使っています)↓

DSC_0001.jpg


豚ミンチ:100g、ガーリックパウダー・塩・胡椒・醤油:適量、スライス生姜:3枚、サラダ油:おおさじ2

【下準備】

1.チンゲン菜を水洗いして、2センチほどの大きさにカットし、 ↓

DSC_0002.jpg


 色止めのため、軽く塩を振っておきます。 ↓

DSC_0003.jpg


2.生姜を3枚スライスします。

 いよいよここから作り方に移っていきます。

【作り方】

1.サラダ油にスライスした生姜を入れ、香味油を作ります。 ↓

DSC_0005.jpg


2.生姜を取り出し、香味油に豚ミンチを入れて炒めたら、 ↓

DSC_0006.jpg


 塩とガーリックパウダーで下味を付け、

3.チンゲン菜を加えて軽く火が通るまで炒めます。 ↓

DSC_0007.jpg


 仕上げに、胡椒と醤油で香りづけをして、 ↓

DSC_0008.jpg


 定石通り、一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

DSC_0010.jpg


4.基本のチャーハンを作ったら、そこへ一旦取り出しておいた具材をプライパンに戻し、チャーハンと混ぜ合わせていきます。 ↓

DSC_0011.jpg


5.最後にカットネギを加えたら、軽く混ぜ込み、火を止め、 ↓

DSC_0012.jpg


6.器に盛って完成です。 ↓

DSC_0013.jpg


【最後に一言】
青梗菜(チンゲン菜)に限らず、葉物系の野菜はあまり炒めすぎないことがポイントとなります。野菜のシャキシャキ感を残すためです。炒め時間は少し早いくらいで十分です。

 時期終了の野菜も「業務スーパー」などで冷凍のもの購入して使えば年中作れます。が、冷凍保存に仕方は気を配って、そして、葉物は十分に水気を切ってからご使用くださいね。







 
posted by うえっち at 08:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。