2015年02月24日

はなっこりーチャーハン

「はなっこりー」を使ったチャーハンです。
「はなっこりー」とはブロッコリーと中国野菜のサイシンを掛け合わせた珍しい野菜です。柔らかいため茎までまるごと食べることができます。↓

DSC_0827.jpg


袋から取り出してみたところ、まあこんな形をしています。↓

DSC_0828.jpg


袋の説明書きにはお湯でさっと茹でと書いてありましたが、面倒くさいので5cmくらいに切って電子レンジで1分間チンしました。↓

DSC_0829.jpg


購入した八百屋のおばさんに聞いてみたところ豚肉とよく合うそうなので、今回は豚バラと一緒に炒めてチャーハンに加えました。では早速材料とレシピへ↓

【材料】(2人前)

温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、カットネギ:大さじ3、油:大さじ2

はなっこりー:1袋、豚バラ肉:100g

炒め油:大さじ1、粗挽き塩胡椒:少々、醤油:少々

【チャーハンの素】

(塩2つまみ、胡椒2振り、酒・鶏ガラスープの素・醤油:各小さじ1)をよく混ぜ込んでおく。

または、味覇(ウェイパー):小さじ1

【作り方】

1.はなっこりーは、5cmの長さに切って電子レンジで1分位チンしておく。

 豚バラ肉は食べ易い大きさに切る ↓

DSC_0830.jpg


2.中火で熱したフライパンに油:大さじ1を加えて、その中に豚バラ肉を入れて炒める。 ↓

DSC_0831.jpg


 豚肉に8割がた火が通ったところで、はなっこりーを投入 ↓

DSC_0832.jpg


粗挽き塩胡椒で味付けをし、さらに炒めていきます。はなっこりーの緑色がこくなったら醤油を数滴垂らします。 ↓

DSC_0833.jpg


これを一旦お皿に取り出しておきます。 ↓

DSC_0834.jpg


3.玉子2個を溶いてその中に温かいご飯をまぜこんで卵ご飯を作り、熱したフライパンに油大さじ2をよくなじませたら、ご飯を入れて基本のチャーハンをパラパラになるまで炒めていきます。 ↓

DSC_0835.jpg


しゃもじなどでご飯を切るようにしながら、時々フライパンを前後に揺すってパラパラ感がでてきたら、チャーハンの素で味付けをし、先程お皿に取り出しておいた具材を足します。 ↓

DSC_0836.jpg


具材が混ぜ合わさったら、刻みネギを追加 ↓

DSC_0837.jpg


ネギも手早く混ぜ合わせたら、最後にもう一度香り付けのため、醤油を数滴垂らします。

(注意):鍋はだからではなく、真ん中から垂らします。 ↓

DSC_0838.jpg


火を止めて、器に盛れば完成です。 ↓

DSC_0839.jpg


【最後に一言】
 食してみたところ、八百屋のおばさんが言われたとおり豚肉と非常に合います。具材を炒めるときに出る豚肉の油がはなっこりーに上手くからみコクが引き立ちます。鶏肉だとタンパクなのでこんな風にはならないだろうなと感じました。
 はなっこりーに限らず、緑黄色野菜を茹でる際は水溶性のビタミンCが流れ出ないようにさっと短時間で茹でるのがポイントです。下茹でが面倒くさい方は、電子レンジで1分程チンするのがお勧め。






 













posted by うえっち at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

ミックスベジタブルで「五目チャーハン」

 「五目炒飯」って大抵の中華料理屋さんにあるメニューですよね。この五目って焼豚、海老、イカ、タコ、人参、椎茸、きくらげなどお店によって様々なんですが、特にこれっといった定義みたいなものはなくまあ好きなものを五目入れれば良いのではないでしょうか?
 そこで、冷凍庫に常備してある「ミックスベジタブル」を使って「五目チャーハン」を作りました。

 ミックスベジタブルはスーパー、コンビニで手軽に購入出来ます。↓
冷凍食品なので保存期間も長く、コストパフォーマンスも良く何かと重宝します。

DSC_0810.jpg


 そしてお肉は前回使用したチャーシューの切り落としを使います。↓

DSC_0812.jpg


チャーシュー、ミックスベジタブルの「人参・グリーンピース・とうもろこし」あれっ?これでは4目。もう一品は・・・

これです!業務スーパーでなんと78円(税別)でした。500gも入っています。↓

DSC_0811.jpg


五目の役者が揃いました。では早速材料と作り片をご紹介していきます。

【材料】2人前

温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、カットネギ:大さじ3、油:大さじ2

焼豚:100g(細かく切っておく)、ミックスベジタブル:50g、刻みたまねぎ:50g

炒め油:大さじ1、粗挽き塩胡椒:少々

【チャーハンの素】
味覇(ウェイパー):小さじ1


【作り方】
1.チャーシューは食べやすいように細かく刻んでおきます↓

DSC_0813.jpg


2.熱したフライパンに油大さじ1をなじませたら、ミックスベジタブルと刻みたまねぎを↓

DSC_0814.jpg


フライパンに入れて炒めていきます。↓

DSC_0815.jpg


あらびき塩胡椒で味付けして、↓

DSC_0816.jpg


火が通ったら、一旦お皿に取り出しておく。↓

DSC_0817.jpg


2.基本のチャーハンを作って、味覇(ウェイパー)で味付けします。↓

DSC_0819.jpg


3.(2)でお皿に取り出しておいたグリーンピースと刻みたまねぎを加え、↓

DSC_0820.jpg


具材をなじませたら、刻んでおいたチャーシューも入れ、↓

DSC_0821.jpg


更にチャーシューも混ぜ合わせたら、最後に刻みネギを足します。↓

DSC_0822.jpg


刻みネギも混ぜ込んで、火を止め、↓

DSC_0823.jpg


4.器に盛って、完成です。↓

DSC_0824.jpg


【最後に】
チャーシューは下味がついているので一番最後に、そして刻みネギも火を通しすぎると白ネギの場合は苦味がで、青ネギの場合は焦げ付いてしまいますので、手早く混ぜ込みます。(この間10秒くらい)

野菜がメインの場合は初回でご紹介したチャーハンの素(塩・胡椒・酒・和風だしの素または鶏がらスープか細粒コンソメスープ)を使いますが、今回はよりコクを出したいと思って「味覇(ウェイパー)」で味付けしました。











posted by うえっち at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

家庭でも安く簡単に出来る!「焼豚チャーハン」

 多々ある焼豚チャーハンのレシピに登場する「焼豚」ですが、こだわれば、焼豚専門店で良いものが購入できます。また、永谷園から市販されている「チャーハンの素(焼豚)」を使えば難なくかなり低価格で作れます。
 しかし、そんなに上等な焼豚でなく、また振りかけタイプよりももっと焼豚の食感を堪能したいのであればと思っていたらコレがありました。↓

DSC_0810.jpg


 近所のスーパーで売っていた、焼豚の「切り落とし」です。
ラーメンのトッピングや、チャーシュー丼に使うのであれば、分厚くて大きいチャーシューが欲しいところですが、大抵のチャーハンのレシピには食べやすいように「一口大」、「細かく切った」と書いてあるのではないでしょうか?それなら予めスライスしてあって安価で下味のついている本格的な焼豚の「切り落とし」を上手く使う手はない!…実際に作ってみました。

【材料】2人前

温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、カットネギ:大さじ3、焼豚:100g(細かく切っておく)、
炒め油:大さじ2

【チャーハンの素】
味覇(ウェイパー):小さじ1


【作り方】
1.玉子2子をゴールに入れて、↓

DSC_0816.jpg


お箸で溶き玉子にします。↓

DSC_0817.jpg


温かいご飯を加えて、↓

DSC_0818.jpg


さらに混ぜ込んで、玉子ご飯状態にします。↓

DSC_0819.jpg


2.熱したフライパンに、(1)の玉子ご飯を投入し、↓

DSC_0822.jpg


炒るようにご飯を炒めて、パラパラになったら、↓

DSC_0823.jpg


味覇(ウェイパー)、で味付けします。↓

DSC_0820.jpg


【ここでワンポイント】
味覇(ウェイパー)は半ねり状の調味料なので、開封後冷蔵庫で保存しておくと固くなりますので、通常使用する際は通常お湯に溶かしたり、お酒に混ぜ込んで使用しますが、計量スプーンを使って削るようにながら細かくして、↓

DSC_0821.jpg


加えます! ↓

DSC_0824.jpg


3.味覇王(ウェイパー)がご飯全体に行き渡ったら、焼豚を加えて混ぜ込んでいきます。↓

DSC_0825.jpg


そして、カットしたネギを加え、↓

DSC_0826.jpg


ネギに火が通り過ぎないように短時間で混ぜ合わせたら、風味づけにお醤油を数滴まんべんなく垂らします↓

DSC_0830.jpg


お醤油を短時間で(この間5〜10秒くらい)絡めたら火を止めて、↓

DSC_0827.jpg


4.器に盛って完成です。↓

DSC_0828.jpg


【最後に一言】
 焼豚チャーハンの「焼豚】を強調したい場合は、最初に大きめの焼豚を何枚かスライスしておいて器に盛った後、最後に上からトッピングするのも有りだと思います。非常に見栄えがします。


























 
posted by うえっち at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

牛肉と白しめじのチャーハン

 「しめじ」って通常はこんな感じですが、↓

DSC_0812.jpg


 近所の八百屋さんでこんな白いしめじが売られていました。(1パック100円でした)↓

DSC_0811.jpg


真っ白なしめじで通常とは彩も映えるチャーハンを作りましたのでそのレシピをご紹介します。

【材料】2人前
(基本のチャーハンの具材)
温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、ネギ:大さじ3杯。油:大さじ2

【チャーハンの素のかわりに】
味覇(ウェイパー):小さじ1

【具材】
牛肉の切り落とし:150g、白ぶなしめじ:1パック(180g)、炒め油:大さじ1、酒、醤油、砂糖:各小さじ1

オイスターソース、酒:大さじ1、荒挽き黒胡椒:少々

【作り方】
1.牛肉の切り落としは、一口大に切り、↓

DSC_0814.jpg


ボールに入れて、醤油・酒・砂糖:小さじ1を加えて絡めておきます。↓

DSC_0815.jpg


白しめじは石づきを取ってバラしておく。↓

DSC_0813.jpg


2.中火で熱したフライパンに炒め油:大さじ1をなじませた後に、牛肉を入れて炒めていきます。↓

DSC_0816.jpg


肉に火が7割くらい通ったら、↓

DSC_0817.jpg


白しめじを加え、さらに炒めていきます。↓

DSC_0818.jpg


そして、オイスターソースと酒大さじ1を足して絡まったら、火を止めて粗挽き胡椒を少々まぶします。↓

DSC_0819.jpg


これを、↓

DSC_0820.jpg


一旦お皿に取り出しておく。↓

DSC_0821.jpg


3.玉子2個を溶き、温かいご飯を混ぜこんだものを強火に熱したプライパンに投入し、↓

DSC_0822.jpg


基本のチャーハンを作り、(2)で一旦お皿に取り出しておいた具材を加えます。↓

DSC_0823.jpg


具材をまんべんなく基本のチャーハンの混ぜ合わせたら、↓

DSC_0824.jpg


一番最後にカットしたネギを(今回青葱を使用しました)加えて、馴染めせます。↓

DSC_0825.jpg


4.器に移したら完成です。↓

DSC_0826.jpg


【最後に】
 使用する肉は、豚バラ肉でも、豚細切れ肉でも代用できます。今回使った牛肉の切り落としは値段も安いし、関西風の酒・醤油・砂糖で下味を付けつことによって、牛肉の甘辛い味を醸し出しました。一番最後にオイスターソースと酒を加えたことによって牛肉のコクが増します。
 塩胡椒ではなく、粗挽き黒胡椒を少々まぶすことによって、辛さをおさえつつチャーハンにパンチが加わります。
 具材の下味は少しばかり面倒ですが、こだわることによって味に深みが出ますので、一度お試しあれ。
















posted by うえっち at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

おとなのふりかけ「わさび」チャーハン

「永谷園」から発売されている「おとなのふりかけ」わさび↓

DSC_0773.jpg


 温かいご飯の上に振りかければ、ご飯が何杯もおかわりできます。口の中に入れた時に広がるツンッとしたわさびの風味と、パリッパリの海苔の食感がたまりません。これを上手く取り入れれば、超簡単に家庭で出来るチャーハンがもう一つ作れるのではないかと思い、色々と試してみました。
 最初っから下味(チャーハンの味付け)がついている、同じく永谷園から発売されている「チャーハンの素」を使えばもっと簡単に作れるのですが、これは食する人によって違いますが、私が食した結果、少しばかり辛い気がしましたので「下味を自分好みで自由に調整できる」大人のふりかけを使用しました。
 大人のふりかけには、この「わさび」味の他に「しゃけ」、「かつお」などもあります。基本のチャーハンの作り方でご紹介した「チャーハンの素」で塩分を調整したらこのまま最後に「鮭」、「かつお」を混ぜ込めばいいのですが、「わさび」だけは風味が失われるのでネギを加え、食べる前に振りかけるのが一番良い結果となりました。
 作り方は至ってかんたんです。

【材料】2人前
(基本のチャーハンの具材)
温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、ネギ:大さじ3杯。油:大さじ2

(チャーハンの素)
塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素:小さじ1、酒:小さじ1、醤油:小さじ1

おとのなのふりかけわさび:2袋 (1人前につき各1袋ずつ)

【作り方】
1.玉子2個を溶いて、その中に温かいご飯を混ぜ込んで玉子ご飯を作っておきます。

2.熱したフライパンに油大さじ:2をなじませたら(1)を投入。

3.まんべんなく火が通るようにご飯をフライパン一面に広げ、炒るようにしながら炒めていく。

4.フライパンを前後に揺すりながら、ご飯がパラパラになったら、「チャーハンの素」を加えます↓

DSC_0775.jpg


5.チャーハンの素がご飯全体に行きわたったら、カットしたネギを投入して、↓

DSC_0780.jpg


 さらにネギを混ぜ込み、器に盛ったら、ここで「おとなのふりかけわさび」を表面からまんべんなくまぶして完成です。わさびの風味もパリパリ感のある海苔の食感も一切損なわれません。↓

DSC_0786.jpg


【最後に一言】
 
 面倒くさいやと思う人は「おとなのふりかけ」の「鮭」、「かつお」をネギを投入する前に加えても良いでしょう。ただし、「永谷園」がこだわっている海苔の食感わ損なわれますが・・・
 「わさび」だけはあのツウッとした風味が失われるのを防ぐためにも食する寸前にふりかけてくださることをお勧めします。
 企業努力が著しい日清の「どん兵衛天そば」の天ぷら→「あとのせさくさく」みたいな感じの「あとのせふりかけ」みたいな感じにですかねぇ。
 そして、味にもっと深みを加える簡単な方法として、以前掲載した業務スーパーで売られている「鮭フレーク」や「さんまフレーク」を基本のチャーハンのネギを加える前に足してみたら良いでしょう。
 



 

 


posted by うえっち at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。