2015年01月30日

鮭フレークチャーハン

 前回の世界中どこでも手に入る「ツナ缶」程ではないのですが、ここ日本では、大抵どこのスーパーにも、また最近ではコンビニでも「鮭フレーク」、「鮭ほぐし」の瓶詰めは売っていますよね。開封前なら数年、開封後も数ヶ月なら冷蔵庫で保存出来ていつでも温かいご飯やトーストに振りかければ、それだけで立派なご飯になりますよね。
 その「鮭ほぐし」をチャーハンに使用する手はないと思い作ってみました。


【材料】2人前
(基本のチャーハンの具材)
温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、ネギ:大さじ3杯。油:大さじ2

(その他に)
鮭フレーク(鮭ほぐし):大さじ3

(チャーハンの素)
塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素:小さじ1、酒:小さじ1、醤油:小さじ1

【作り方】
1.基本のチャーハンを作ります。

材料(2人前)
ご飯・・・茶碗1杯〜2杯(250g〜400gまで)
玉子・・・2個
ねぎ・・・青葱でも白葱でもOK(白ネギの場合は青い部分も半分混ぜる)刻んでおく
油・・・大さじ2
塩・・・2つまみ
胡椒・・・2振り
酒・・・小さじ1(5g)
醤油・・・小さじ1(5g)
和風だしの素(細粒)・・・小さじ1(5g)

初めに2つのセッティングです。
塩2つまみ、胡椒2振り、酒、和風だしの素、醤油各5gを以下のように初めからよく混ぜ込んでいきます。↓

DSC_0311.jpg


こうすることで「適量」の曖昧さで味が決まらないことを防ぎます。(バッチリ味が決まります!)

次のセッテシングは玉子2個をボールにいれて良くかき混ぜ、その中に温かいご飯を入れ、さらに良くかき混ぜて玉子かけご飯を作っておきます。

DSC_0310.jpg


そう、調理過程ではなくあらかじめここでご飯一粒一粒に玉子をコーティングしておくことによって、ご飯どうしがくっつのを防ぎます。

いよいよここから調理です。
1.フライパン(ここでは26センチのものを使っています)を煙が出るまで強火で熱します。テフロン加工の場合は手をかざして熱さを感じる程度に。

2.油大さじ2を入れてフライパンによく馴染ませます。

3.最初に混ぜ合わせておいた玉子ご飯をプライパンに投入

4.ヘラまたはお玉などで、ほぐすように炒めていきます。→炒めるというより「炒る」感じですかね。

5.ご飯がパラパラになったら、混ぜ合わせておいた調味料ををいれてさらに炒めていきます。↓

DSC_0728.jpg


6.そして、鮭フレークを投入↓

DSC_0729.jpg


7.絡ませ、さらに刻んだネギを加える↓

DSC_0730.jpg


8.さっと絡ませて、火を止めて器に盛って完成です。↓

DSC_0732.jpg


【最後に】
美味しい具材と保存期間の法則

「鮭のふりかけ」→「鮭のチャーハンの素(ふりかけタイプ」→「鮭フレークの瓶詰め」→「スーパーやお魚屋さんで購入した鮭の切り身を箸等でほぐしたもの」

右に行ったものほど面倒ですが、美味しいと思います。




posted by うえっち at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

さんまフレークチャーハン

「鮭フレーク(鮭ほぐし)」の瓶詰めはわりとどこのスーパーでも購入できるのですが、少し変わった瓶詰めが、業務スーパーで売っていましたので、早速購入しました。(税別で¥148-だったと思います)↓

DSC_0760.jpg


 今回はこれでチャーハンを作ります。

 秋刀魚(サンマ)、誰もが知る青魚、血液をサラサラにするDHAやコレステロールを抑えるEPAやが豊富に含まれています。
 では、早速材料と作り方へ。

【材料】2人前
(基本のチャーハンの具材)
温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、ネギ:大さじ3杯。油:大さじ2

(その他に)
さんまフレーク:大さじ3

(チャーハンの素)
塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素:小さじ1、酒:小さじ1、醤油:小さじ1

【作り方】
1.基本のチャーハンを作ります。

材料(2人前)
ご飯・・・茶碗1杯〜2杯(250g〜400gまで)
玉子・・・2個
ねぎ・・・青葱でも白葱でもOK(白ネギの場合は青い部分も半分混ぜる)刻んでおく
油・・・大さじ2
塩・・・2つまみ
胡椒・・・2振り
酒・・・小さじ1(5g)
醤油・・・小さじ1(5g)
和風だしの素(細粒)・・・小さじ1(5g)

初めに2つのセッティングです。
塩2つまみ、胡椒2振り、酒、和風だしの素、醤油各5gを以下のように初めからよく混ぜ込んでいきます。↓

DSC_0311.jpg


こうすることで「適量」の曖昧さで味が決まらないことを防ぎます。(バッチリ味が決まります!)

次のセッテシングは玉子2個をボールにいれて良くかき混ぜ、その中に温かいご飯を入れ、さらに良くかき混ぜて玉子かけご飯を作っておきます。

DSC_0310.jpg


そう、調理過程ではなくあらかじめここでご飯一粒一粒に玉子をコーティングしておくことによって、ご飯どうしがくっつのを防ぎます。

いよいよここから調理です。
1.フライパン(ここでは26センチのものを使っています)を煙が出るまで強火で熱します。テフロン加工の場合は手をかざして熱さを感じる程度に。

2.油大さじ2を入れてフライパンによく馴染ませます。

3.最初に混ぜ合わせておいた玉子ご飯をプライパンに投入

4.ヘラまたはお玉などで、ほぐすように炒めていきます。→炒めるというより「炒る」感じですかね。

5.ご飯がパラパラになったら、混ぜ合わせておいた調味料ををいれてさらに炒めていきます。↓

DSC_0728.jpg


6.そして、さんまフレークを大さじ3投入↓

DSC_0761.jpg


7.基本のチャーハンに絡ませたら、刻んだネギを投入します。↓

DSC_0762.jpg


全体にネギを絡ませたら、火を止めて、↓

DSC_0763.jpg


8.器に盛って完成です。↓

DSC_0764.jpg


【最後に】
 今回2回作ってみました。「瓶詰めのさんまフレーク」にはもともと味がついているので、チャーハンの素で塩分を少しばかり控えめにしてもよいと思います。
 そして、2回目作成の時は、「味の素」から販売されている→「中華あじ」をチャーハンの素の代わりに使用してみました。↓

DSC_0765.jpg


説明書きには、炒飯に6振りと使用目安にあったところ、もともと味が具材についていたので少し控えめに4振りにしたところ、流石「味の素」、コクが引き立ちかなり美味かった!職場の仲間も絶讃していました。
 一度試してください。





posted by うえっち at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツナ缶とインゲン豆のチャーハン

 豚・合い挽き・牛などの挽き肉(ミンチ)でも代用できますが、缶詰の中で世界一普及している「ツナ缶」と食物繊維が豊富な「インゲン豆」を使ったチャーハンのレシピをご紹介します。

左側が、通常スーパーで売られているツナ缶の「小」で右側が「大」です。↓

DSC_0725.jpg


1人前なら左側の「小」の缶詰、2人前なら右側の「大」を使用します。

では、材料と作り方へ!

【材料】2人前
(基本のチャーハンの具材)
温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、ネギ:大さじ3杯。油:大さじ2

(その他に)
ツナ缶(油漬け):大1、インゲン豆:1パック、炒め油:大さじ1、塩胡椒:少々

(チャーハンの素)
塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素:小さじ1、酒:小さじ1、醤油:小さじ1

【作り方】
1.ツナ缶をザルに移して、油を充分に切っておきます。↓

DSC_0727.jpg


 インゲン豆は、↓

DSC_0726.jpg


一口大に切っておきます。↓

DSC_0728.jpg


2.熱したフライパンに炒め油:大さじ1をなじませたら、油を切った「ツナ」とインゲン豆を炒め、↓

DSC_0729.jpg


塩胡椒で味付けをします。↓

DSC_0731.jpg


火が通ったら、いったんお皿に取り出しておきます。↓

DSC_0732.jpg


3.基本のチャーハンを作って、(2)の具材を加えます。↓

DSC_0733.jpg


 基本のチャーハンに混ぜ合わせたら、↓

DSC_0734.jpg


4.一番最後に、刻みネギを投入し、↓

DSC_0736.jpg


ネギが全体に混ぜ合わさったら、火を止め、器に移して完成です。↓

DSC_0738.jpg


【最後に一言】
ツナ缶は、「水煮」、「ハーフ」→水と油の半々、「油漬け」が流通していますが、「油漬け」をお勧めします。「水煮」と「油漬け」の2種類を試食した結果、「水煮」のカロリーは「油漬け」の半分程度ですが、食感は、パサパサしていて味足りないというのが、試食した私と、職場の仲間の感想でした。
 牛、合い挽き、豚ミンチに比べても、植物性の油である「ツナ」は圧倒的に高タンパク低カロリーです。満腹かんを求めるなら、挽肉(ミンチ)で、低カロリーと満腹感を同時に求めるなら、是非とも「油漬け」のツナ缶で作って見てください。




posted by うえっち at 12:30| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

ちぢみほうれん草チャーハン

 寒い季節にしか出回らない「ちぢみほうれん草」↓

DSC_0743.jpg


袋から出してみます。↓

DSC_0741.jpg


葉の部分にシワがあり文字通り「縮んだ」ほうれん草です。↓

DSC_0744.jpg


 これは、寒締めといって冬の寒い時期にビニールハウスではなく、昔からの露地栽培をすることでほうれん草が寒さに耐えられる葉に厚みが出て、また太陽光線を少しでも得ようとするために地面に葉を広げて育ったものです。つまり当度が上がって旨味も増し、ビタミンCなどの栄養分がぎっしり凝縮されています。
 今回はこの「ちぢみほうれん草」を使ってチャーハンを作ります。

【材料】2人前
(基本のチャーハンの具材)
温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、ネギ:大さじ3杯。油:大さじ2

(その他に)
ちぢみほうれん草:1パック、スライスベーコン:100g、バター:2片(8〜10g×2)、醤油:適量、塩胡椒:適量

(チャーハンの素)
塩:2つまみ、胡椒:2振り、和風だしの素:小さじ1、酒:小さじ1、醤油:小さじ1

【作り方】
1.ちぢみほうれん草を一口大に切っていき、↓

DSC_0745.jpg


器にとっておく。↓

DSC_0746.jpg


 スライスベーコンも同様に一口大に切ります。↓

DSC_0747.jpg


2.熱したフライパンにバターをひとかけ入れ、↓

DSC_0748.jpg


その中にベーコンを入れます。↓

DSC_0749.jpg


ベーコンに少し火が通ったら、ちぢみほうれん草を加え、↓

DSC_0750.jpg


軽く塩コショウで味付けをして炒めていき、ちぢみほうれん草に7割ほど火が通ったらバターをもうひとかけ追加。↓

DSC_0751.jpg


バターを具材全体に絡めたら、風味付けに醤油を少量垂らしていき、↓

DSC_0752.jpg


いったんお皿に取り出しておきます。↓

DSC_0753.jpg


3.基本のチャーハンを作ったら、(2)の具材を投入し、↓チャーハンと絡めていきます。

DSC_0754.jpg


4.最後に青葱を加え、↓

DSC_0755.jpg


青葱が全体に絡まったらフライパンの火を止め、

5.器に盛って完成です。↓

DSC_0789.jpg


【最後に一言】
ちぢみほうれん草の葉の部分だけでなく、茎も細かく切って使いましょう。野菜の栄養分は余すところなく積極的に摂取!







posted by うえっち at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

トマトと挽肉のチャーハン

 今から7年半ほど前、セブンイレブンで買い物の際にふと手にとったレジ横のフリーマガジン「ビッグセブン」そのなかの「華中華(ハナチャイナ)」を読んだことから無性に自分でチャーハンを作りたくなった。そこで紹介されていたのが「トマトと挽き肉のチャーハン」でした。読んで以来何度も作って、食べ、を繰り返しながら少しずつ自分なりのレシピにしていきました。それでは早速取り掛かっていきます。

【材料】2人前
(基本のチャーハンの具材)
温かいご飯:茶碗2杯、玉子:2個、ネギ:大さじ3杯。油:大さじ2

トマト:2玉(または、ダイスカットトマトの缶詰:1缶)
挽肉(牛、あいびき、豚、鶏なんでも良い)100g、荒挽き塩胡椒(なければ普通の塩胡椒で良い):適量、油:大さじ1

(チャーハンの素)
塩:2つまみ、胡椒:2振り、鳥ガラスープ:小さじ1、酒:小さじ1、醤油:小さじ1

【作り方】
1.トマトに十字の切り目を入れて、金串を刺し、ガスコンロの直火で表面を焼き、氷水につけて皮をむきます。横半分に切ってから、一口大にカットしておきます。

 しかし!この工程が面倒くさい場合は、これを使います。↓

DSC_0810.jpg


 神戸元町商店街にある外国雑貨屋さんにて1缶¥89-で(税別)購入しました。「ダイスカットトマト缶(イタリア製)」です。これで(1)の工程を省きました。

中をあけると、カットトマトがトマトジュース漬けになっています。↓

DSC_0823.jpg


ザルに移してトマトジュースを軽く洗い流し、よく水気を切っておきます。↓

DSC_0811.jpg


2.フライパンで挽肉(ミンチ)を塩胡椒し、↓

DSC_0812.jpg


 炒めたら、↓

DSC_0813.jpg


 カットトマトを加え強火で炒め、↓

DSC_0814.jpg


 いったん、お皿に取り出しておく。↓

DSC_0816.jpg


3.基本のチャーハンを作り、先程取り出しておいた具材を入れ、↓

DSC_0818.jpg


 合わせていきます。↓

DSC_0819.jpg


4.一番最後にカットした青葱を投入し、↓

DSC_0820.jpg


 全体に青ネギが混ざったら火を止め、

5.器に盛って完成です。↓

DSC_0822.jpg


【ポイント】トマトは大きめにカット、また炒めるときは短時間で崩れないように。

【最後に一言】
トマトの大きさは様々ありますが、近所の八百屋さんで20玉と言えばスーパーで売っているLザイズのトマトを出してきてくれます。この20玉とは、1ケースに20個入るトマトの大きさです。因みにMザイズなら24玉、Sサイズなら28玉が標準的な大きさをさします。
 今回は、トマトの皮を剥いてカットする工程が面倒くさかったのでカットトマトの缶詰を使用しました。
最近では関税の軽減もあり、こういった外国の缶詰が安く売らてれいます。缶詰は保存もきくのでストックしておけば必要な時に時間のかかる調理工程を省けるので大変便利です。
 チャーハンの素に「鶏がらスープ」を使用しましたが、もっとパンチの効いた味付けにしたいのなら、チャーハンの素をウェイパーに変えてみてください。↓

DSC_0423.jpg


味にコクが増します。また「鳥ガラスープ」を「コンソメの細粒」に変えると洋風の風味になり違った味が楽しめますよ。








posted by うえっち at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。